名古屋バスターミナル(JR名古屋駅)(JR東海バス・名古屋市バス)

 

概要

 JR名古屋駅桜通口(東側)北側にある商業ビル『名古屋ターミナルビル(松阪屋ナゴヤエキ店などが入居)』にある総合バスターミナルです(バス停名は『名古屋駅』)。

 バスターミナルは2層式になっており、1Fが『JR東海バス』のハイウェイ(高速)バス乗り場、

2Fが『名古屋市バス(名古屋市交通局)』乗り場(一般路線)になっています。

 JR東海バスにとっては、国鉄バス時代からの名古屋地区の(それどころか現在はJR東海バスそのものの)メインターミナル、

名古屋市バスにとっても、名古屋駅系統の始発点となっています。

 いずれにしても、『名鉄バスセンター』(名鉄バス・名古屋観光日急・三重交通)と並び東海地区の2大バスターミナルとなっています。

 ここでは1FのJRハイウェイバス乗り場について説明します。

 

 アクセス:(広域地図はこちら(名古屋駅桜通口駅前広場)

※JR名古屋駅(JR東海のHP(他の鉄道会社HPを含め『リンク集1』にあります)参照)に載っています)の構内図を見ていただいたほうが分かりやすいです。

はっきり言って思いっきり広いです(JR名古屋駅ビル『セントラルタワーズ』は駅ビルとしては日本一の高さです)。

又、地下街も、ものすごく発達しています。

 ・JR名古屋駅は・・東側(1番線側)が『桜通口』(中央コンコース東端に『金の時計』があります),

             西側(新幹線側)が『太閤通口』です(中央コンコース西端に『銀の時計』があります)。

                        又、東南側(南通路連絡)に『広小路口』(名鉄・近鉄名古屋駅方面に連絡)があります。

JR(在来線)・・・(A)ホームの一番北の階段を降りて北通路に出て、北通路を東(1番乗り場方面)へ向かい、

          突き当りの『桜通口改札』を出て左へ2〜3分歩いたところにあります。

          (B)中央通路(真ん中の階段)にある『中央改札口』から出た場合は、

          中央コンコースを東側の駅ビル『タワーズ(タカシマヤが入っているビル)』方面へ歩き、

          『金の時計』の手前を左に曲がり、歩いて5分ぐらいで着きます。

          ※南通路(『広小路改札口』・『太閤通南改札口』)』及び北通路でも『太閤通北改札口』は絶対に使わないで下さい。

           方向が違いますので迷います。

JR(新幹線)・・・(A)北側(新大阪方面)の階段を下りた場合

            (あ)『新幹線北乗換口 』から北通路をまっすぐ行き、『桜通口改札』を出て、後は在来線(A)と同じ。

            (い)『新幹線北改札口』を出て、左に向かい、

               中央コンコースをまっすぐ行き『金の時計』の手前からは在来線(B)と同じ。

          (B)南側(東京方面)の階段を下りた場合

            (あ)『新幹線南乗換口』から中央通路をまっすぐ行って、『中央改札口』を出て、後は在来線(B)と同じ。

            (い)『新幹線南改札口』を出て、右に向かい、後は新幹線(A−い)と同じ。

 

名鉄・・・北改札口を出て地上に出て北側に5〜7分ぐらい歩いたところです。

     中央改札口を出た場合は地上に出て北へ7〜10分位です。

 

近鉄・・・地下改札口(行き止まり側の改札です)を出て、地上に上がり、JR駅舎横を歩く(北へ7〜10分位です)。

 

地下鉄(東山線)・・・北または中改札を出て、北へ5〜7分ぐらいです(地上に出たほうが分かりやすいです)

     (桜通線)・・・東改札または西中改札を出てJR中央コンコースまで上がり、後は在来線(B)と同じ。

             または東山線中改札へ向かい、そこから北へ徒歩5〜7分ぐらい。

 

あおなみ線・・・(かなり時間がかかりますので注意してください。最低でも徒歩20分は見てください。)

         改札を出てまっすぐ行った後右へ曲がり新幹線高架下を歩き、『銀の時計』を右に曲がって、

         中央コンコースを突っ切り、『金の時計』の手前からは在来線(B)と同じ。

 

 

設備

 待合室、切符売り場があります。トイレ・売店(〜21:30)は、バス乗り場と駅の『桜通改札口』との間にあります。

 但し、コンビ二は、バス進入路付近に『サンクス』(地図)がありますが、横断歩道を3回渡る必要があります。

 乗り場は9バースありますが、1番乗り場(福井・金沢・高山行き)は若干離れていますので注意してください。

 

 

その他

 金沢駅・福井駅・高山BT・京都(深草BS京都駅中央口)・神戸(三宮BTポートピアH)行きは

『名鉄BC(名鉄バス/名鉄観光バス乗り場)』も経由します(JRバス&名阪近鉄バスの大阪駅桜橋口・USJ行きは×)

(この5路線は『名鉄BC』始発で5分後に『名古屋BT』を通ります)。

 万が一『名鉄BC』から乗るつもりで間違えて『名古屋BT』に来た場合、『名鉄BC』の発車5分後までならここから乗車可能です。

その他の場合でも(例えば30分前に来ても)、この5路線は実際どちらでも乗車できます。

『名鉄BC』⇔『名古屋BT』間は歩くと15〜20分かかってしまいますので、時間に合わせて選んでください。

 

『名古屋バスターミナル』の地図はこちら

『JR東海バス』のHPはこちら(行先案内もこちら)

『名古屋市交通局』のHPはこちら

 

※なお、『名鉄バスセンター(名鉄バス・名鉄観光バス・三重交通)』の案内文はこちら地図はこちら)。

          栄バスターミナル(オアシス21)(名古屋市バス・名鉄バス・JR東海バス・三重交通)』の案内文はこちら

 


 

 

 

 JR名古屋駅(桜橋口(東側))本駅舎『セントラルタワーズ』です。地上53Fと51Fのツインタワーになっており、日本の駅ビルの中では日本一の高さです。百貨店(『JR名古屋タカシマヤ』)・ホテル(『名古屋マリオネットアソシアホテル』(名古屋駅には『ホテルアソシア名古屋ターミナル』と言う別のJR東海系のホテルもあります))・JR東海本社などが入居しています。まさに名古屋のランドマークタワーです。

 バスターミナルはJR名古屋駅桜橋口の北側にあります。

 こちらはJR名古屋駅桜通口改札です。北通路に面しており、JR名古屋駅の一番北東の改札口になります。

  バスターミナルに行くにはこの改札口が一番近く、改札を出て、左に曲がって5分弱で到着します。

 

 あおなみ線の場合は中央まで出て、コンコースを通り抜けて、桜通口の広場(『金の時計』と言う大時計があります)の手前を左に曲がります(但し、かなりかかります)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 JR名古屋駅構内には『JRハイウェイバス』の表示がたくさん出ています。中央コンコースからなら、『金の時計』の手前を北に向かったら突き当りがバスターミナルです。

 迷ったら、とにかく桜通口中央コンコース(在来線側)の『金の時計』に来てください。ここがJR駅での待合場所になっています。

 ちなみに太閤通口中央コンコース(新幹線側)には『銀の時計』がありますので注意してください。

 地下鉄東山線からの場合、北側寄りの改札を使い地下を北側に歩きます『市バス・JRハイウェイバス』が目印です。

 桜通線の場合は、東山線に出て中改札から出るか、東改札からJR中央コンコースへ出て『金の時計』方面に出ます。後は北(左)側に向かって歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名鉄から来る場合、北改札口を出た後右に行き、階段で地上に出るとJR名古屋駅桜通口駅前広場の前に出ますので、駅の中に入り『金の時計』のところの広場を、右に進んでください。

 中央改札や西改札を使うより歩く距離が短くなります。

 近鉄の場合は行き止まり方向にある『地下改札口』から地下を歩くか、地上に出て、北に向かってください。(『名鉄BC』の時とは逆です)。

 地下が分かりにくかったら改札を出た後、早めに地上に出て、JR駅の中を歩くのが分かりやすいと思います。

 なおJR連絡改札口は使えません(入場券140円が必要になります)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バスターミナル外観です。『市・JRバス乗り場』の看板が出ていることから市バスとJRバスの共同のバスターミナルということが分かります。

 バスターミナルの横に松阪屋ナゴヤエキ店(本店は栄)があり、名鉄百貨店と対を成しています(真ん中にJRタカシマヤが出来ましたが・・・)。あと旅券事務所や専門店街が入居しています。

 バスターミナルはJRが1F・市バスが2Fです。

 こちらはバスの入出庫口です。3F以降は駐車場になっていますので、駐車場の入口もあります。

 出口は、駐車場出口と共用なので、駐車場からでる車はバスの間を縫うようにして出るので、慣れないと出るのに苦労します。

 

 屋上には『松阪屋』の看板があり、存在感を示しています。何しろ純粋名古屋資本の百貨店の雄ですから・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 表通りから入った通路にある『JRハイウェイバス』の看板です。右後ろが1番乗り場(右の写真)、突き当りが待合室、突き当たり左が切符売り場及びJR名古屋駅連絡通路、突き当たり右が本来のJRバス乗り場の2〜9番乗り場になります。

 1番乗り場は名鉄バス共同路線用及び市バス降車場ですので、JRバス乗り場としては実質8バースになります。

 通路の左側には飲食店が並んでいます。

 1番乗り場です。名鉄BC発の名鉄バスとの共同運行している金沢・福井・高山便が発着します。2番線以降に停まるとバック出庫になるので、それを避けるための措置ですが、まるで『名鉄バス・JR名古屋駅前』という雰囲気です。予約システムもこの3路線は基本的に『ハイウェイバス ドット コム』(名鉄バスが採用している予約システム)です(JR窓口発売分は『マルス(JRの鉄道予約システム)』発券です)。

 なお、空いている時間は市バスの降車場になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻表です。名鉄主導で開設したため、ほとんど民間系なんですが、それでも『JRハイウェイバス』と書いています。

 

 なお、『ハイウェイバス ドット コム』で予約(名鉄バス及び民間共同運営会社の予約電話及びインターネット・携帯サイト)した場合、JRバス窓口(右の写真)では発券不可です。この場合、運転手に直接現金払いになります。出来る限り、コンビニか『名鉄BC』で引き換えておいて下さい。

  

 なお『発車オーライネット』及び『高速バスネット』では、もともとこの3路線は予約不可です。

 JRバス名古屋駅バス切符売り場です(正式名称は『JR東海バス名古屋旅行センター』)。駅の構内(北の端)にあるので改装され、きれいです。

 ここでは『高速バスネット』でPC・携帯サイトで予約した切符の発券・変更・取消が出来ます。『高速バスネット』の対象外の路線(『名古屋BT』発『高速バスネット』対象便は『東名・名神ハイウェイバス』・『中央ライナー』『スパライナー草津号』・『JR夜行バス(ドリーム号等)全便』です)の切符も買えます(一定の割合でJR東海バスに席が割り当てられています。予約管理システムは甲府(『発車オーライネット』)・岡山・倉敷(両備バス独自システム(ネットdeバス))以外は『マルス』です)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待合室です。スペース的にはあまり大きくなく、やや薄暗いです。切符売り場や名鉄BCと比べたら見劣りするのは否めません。

 待合室入口上にはLED式の発車表示器があります。

 圧倒的に『東名・名神ハイウェイバス』が多いですが、最近は『中央ライナー・新宿行き』も目立ちます。

 バス乗り場です。手前が2番乗り場で奥が7番乗り場です。乗り場と降り場は固定されてはいません。8・9番乗り場は7番乗り場を右に曲がった奥にあります。

 入出庫方法は前進入庫・バック出庫です。

 奥のバスはJRバス関東(JR東日本の子会社)の子会社の『JRバステック』(超特急東京駅行き)のバスです。元々JRバス関東の裏方部門(車体清掃など)の会社でしたが、経費削減の為、路線免許を取得して参入した会社です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは8・9番ホームです。予備的ホームとなっており、ここから発車するのは岡山&倉敷行き『チボリ エクスプレス』(両備バスの単独運行・JR東海バスが予約業務委託(『高速バスネット』『発車オーライネット』は予約そのものが不可、両備バスネット予約システム『ネットdeバス』のみ)のみで、わざわざ『チボリ号(旧名称)8番乗り場→』の看板があります。

 9番乗り場の奥は2Fにある名古屋市営バスのターミナルへのスロープです。

 6番乗り場付近から見た構内全景(出口方面)です。左側のスロープに市バスが右側から上っていったり、左側から降りて左折していくのが分かります。右奥が1番乗り場で、バック出庫を避けるためにあの位置に置かれているのが分かります。

 本数的には市バスのほうが圧倒的に多いです。その間を縫ってJRバスがバック出庫するので誘導員の方は大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想

 JR名古屋駅は『タワーズ』など、JR東海の威信を掛けて改装したので、ある意味東京駅より大きいです(どう見てもJR東日本に対抗しているからでしょうが・・・)。ただ、高速バス乗り場は、駅舎内にある切符売り場以外は、薄暗く、名鉄BCより見劣りするのは否めません。

 名古屋地区で高速バスを運行できるのはJR東海バスと名鉄バスだけですから、もう少し改装すべきですし、その時期に来ていると思います。名古屋市営バスと共同で運営しているので、名古屋市とも話し合いが必要になってくると思いますが、ぜひ改装して、名鉄BCと並ぶJR東海バスにとってのメインターミナルにふさわしい設備にして欲しいです。


 ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜中部地区』に戻る

 

  ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る