五条京阪(津・四日市行き/金沢行き(北陸道ハイウェイバス))

 

 概要

 京阪電鉄五条駅東、五条通(国道1号)上にある、津・四日市線(新名阪高速経由、京阪バス・近鉄バス・三重交通)と金沢行き北陸道ハイウェィバス(西日本JRバス・京阪バス・北陸鉄道バス)のバス停です。金沢線は五条通経由と三条通(京阪三条・山科駅停車)経由の2系統ありますが、五条通経由のみ停車します(どちらも京都東IC経由)。なお名神ハイウェィバスも、一部五条通経由があって、一部五条京阪に停車してましたが、廃止されました。

 

アクセス:(各交通機関のHPは『リンク1』参照)

 京阪五条駅(地下駅・特急通過)北東出口からすぐ。なお、五条京阪経由の一般路線バス(京都市バス・京阪バス)は多くないので注意してください。((1)京阪電車で出町柳・三条・四条・七条まで行って乗り換える(2)五条大橋を渡り河原町通から(徒歩5分)河原町五条からバス(3)東へ10分ほど東大路通まで歩いて清水道(東山五条)からバス、の方がバスの便は便利)。なお清水道は清水寺への入り口です。

 

設備

 バス停のみ。東行が乗り場、西行が降り場になります。コンビニはあります。

 

地図はこちら。関係バス会社のHPは『リンク集1』参照 


 五条京阪(市バスは五条京阪前)東行のバス停です。高速バスの乗り場になります。

京阪バスの上のほうに北陸道ハイウェィバスの表示が申し訳なさそうについています。

 時刻表です。バス停の下のほうに書いてあり(上は一般路線バス)、ここが高速バス停留所さえも気づかない恐れがあります。

 こちらは西行(降り場)です。

 こっちはもっと酷く、降り場の表示さえありませんでした(別にあるんじゃないか探し回りました)。

 (写真は2006年12月撮影)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  感想

 五条通は京都駅から京都東ICに向かうときの最短距離(名神で大津以遠に行くとき、京都東IC利用が最短ルートです)なので、五条通経由なら、ここにバス停を設けるのがベストなのですが、いかんせん、知名度が低すぎます。市バスは少ないので不便です。

 ただ三条通経由にすると、三条京阪・山科駅で客は拾えるのですが、昼行便は川端通りが出来たとはいえ、市街地中心部で渋滞にはまってしまいます。

 結局昼行・・・五条経由・夜行・・・三条経由にするしかないでしょう。

 


  ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル乗り場の紹介』へ戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る