浜大津(近江鉄道バス)

概要

 浜大津は大津市の中心部の琵琶湖湖岸にあり、京阪電鉄大津線(京津線&石山坂本線の総称)浜大津駅・遊覧船が発着する浜大津港、そしてショッピングセンター『浜大津アーカス』があるなど、大津市の交通および商業の要所です。駅と港およびアーカスを結ぶ歩道橋の下にバスターミナルがあり、京阪バス・江若バス(京阪系)および近江鉄道バス(西武系)などが乗り入れています。

 高速バスは近江鉄道バスがここを起点として関東方面に夜行2路線(池袋&大宮(西武バスと共同)・横浜&品川(京急バスと共同))走らせています(米原まで滋賀県内をこまめに止まります)。

 逆に京阪バスは山科駅発車後、ほとんど京都東ICから名神高速に乗ってしまうため、1本も止まりません。

 

アクセス

 浜大津駅改札を出て(橋上駅舎です)、連絡歩道橋を港方面に行くと途中にバスターミナルへ降りる階段があります。バスターミナルは六角形の形をしております(六角形の真ん中に乗り場の島があります)。

 浜大津駅へはJR琵琶湖線方面からは膳所または石山駅から京阪の坂本方面に乗換え・JR湖西線方面からは西大津駅で京阪の石山寺方面に乗換え(京阪の駅名は皇子山駅)・京津線(山科方面)からは浜大津行きに乗りいずれも浜大津下車です。

なおJR大津⇔浜大津間はバスが頻発(10分ほど)してますが、JR大津駅にも高速バスは停車します。

 

設備

 6番乗り場からの発車です。風除け付のベンチのみです。切符売り場はありませんので注意が必要です(江若バスの定期券売り場しかありません)。コンビニは近くの交差点ににファミマがあります。

 

地図はこちらです。近江鉄道のHPはこちら

 

 


 

 

 京阪電鉄浜大津駅です。橋上駅舎となっており、港や浜大津アーカスへ行けます。この橋上デッキの真下がバスターミナルになっており、階段で直接バスホームに下ります。

 デッキから見た浜大津港と琵琶湖です。ここから遊覧船が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バスターミナル案内です。六角形の形をしており、バス同士の乗り換えは階段を使わなくずに出来ます。

 高速バスは6番乗り場からの発車です。

 乗り場です。時刻表がありますが、がらんとしています。ベンチには風除けがあるので(琵琶湖が近いので風が強い)、これは助かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻表です。見事に首都圏夜行2路線のみです。浜大津からなら、京阪に乗れば京都市中心部にいけるので、JRドリーム号や京阪バスが満席の場合、穴場かも知れません。近江鉄道は西武系ですので、池袋方面行きは西武バスとの共同運行です。

 乗り場から見た浜大津駅交差点です。正面が京都方面・左が浜大津駅&石山方面・右が坂本方面です。交差点は併用軌道(路面区間)です。

 京都方面(京津線)からの電車は4両編成でやってくるので、横を走る車とぶつからないか、結構ひやひやします。石山・坂本方面の電車(石山坂本線)は2両編成です。只、こっちのほうが京津線より本数が多いのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想

 大津の場合、中心街の南端にあるJR大津駅より浜大津のほうがにぎやかなのですが、バス乗り場はターミナルとはいえ、貧疎すぎます。駅もアーカスも京阪系なので、近江鉄道としたら案内所が設けられない事情があるでしょうが、始発にしてはお粗末です。これじゃ、中心地と湖西地区以外の人間はJR大津駅から乗ったほうがマシです(こっちは案内所があります)。

 


 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る