阪急バス・新大阪ターミナル

 

 概要

 地下鉄新大阪駅御堂筋西側(北行)およびJR新大阪駅新幹線北側(上り側)に隣接する敷地にある阪急バスのバスターミナル。阪急梅田阪急三番街高速バスターミナルを補完するサブターミナルです。

 もともとこの敷地は阪急新大阪線(計画線・阪急京都線淡路〜新大阪〜十三・神戸線神崎川間・但し、現在の計画は新大阪〜十三〜北梅田方面)の新大阪駅予定地で、その土地を利用する形で開設されました。阪急三番街BTが手狭且つバス待機場も不足するので、乗り場のほか、バス駐車場も設置されています。かつては昼行便は梅田附近の渋滞を避けるため、新大阪始発(梅田には入らない)の便が多数ありましたが、現在は新大阪始発はほとんどありません。

 場所的には梅田から来た場合いったん新御堂筋本線を降りて一般道を迂回してBTに入る必要があり、時間がかかるのが欠点で、便によっては新大阪通過の便もあります。なお日本交通の倉吉便も乗り入れます(倉吉便は梅田には乗り入れません)。

 

アクセス

 地下鉄御堂筋線新大阪駅北口(必ず北口で降りてください)を出ると、歩道橋に出ますので目の前の階段下りたらBTです(歩道橋をまっすぐいってしまうと市バスと近鉄バス新大阪駅北口BSに出てしまうので注意)。JRの場合在来線・新幹線とも15分ぐらいはかかります。

 

設備

 待合室・切符売り場・トイレ・コインロッカー・自販機があります。コンビニは北側がビジネス街ですので何軒かあります。

 

・地図はこちら。但し、有馬温泉行きの朝1本だけ御堂筋北行き本線上から発車するので注意。

・阪急バスHPはこちら

 


 

 待合室の看板です。阪急が新大阪に拠点を作りたいという気持ちが現れています。『新大阪は阪急のエリア』であることを示しているようです。

 待合室はこじんまりながらも標準的なつくりです。

 バスターミナルの入り口です。なぜか検診車が何台か止まっています。もともと駅予定地(ホーム2本・線路4本の予定)の敷地ですので、レンタカーの営業所もあるなど、余裕のある使い方をしています。

 バス乗り場風景です。乗り場は3つあり、1番線は伊丹空港行き路線バス(停まっているバス)、2・3番線は高速バス路線用です。

 ちょうど2番線にバスが入ってきました。長野行き『アルペン長野号』です。お客さんが数人乗車していきました。

 こちらは1番乗り場、一般路線バス乗り場です。但し、路線バスは豊中経由大阪国際空港(伊丹空港)行きのみです。

 1番線時刻表&路線図。実は伊丹空港へは270円(所要時間約50分)です。これははリムジン(JR1F発車)より安いです(リムジンは490円)。

  もちろん時間(リムジンは約25分)と本数はかないませんが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想:手狭な梅田・そして新大阪に拠点を作りたい阪急の夢の一端を垣間見るような場所です。しかし、新幹線開業から40年以上過ぎ、阪急も新大阪にターミナルを作ることをあきらめてしまったように思えました。

しかしここに来て、新大阪〜十三〜梅田北ヤード跡地〜四つ橋線乗り入れの動きが出てくるなど、ようやく阪急電車が乗り入れしそうな雰囲気になってきました。またJR東海が阪急の土地を借りて、新幹線上りホーム増設(27番線新設)の計画が出るなど、動きが急激に活発化してきました。そうなると、BTもその用地にかかってくるわけで、BTも変貌を余儀されます。今後どうなっていくのでしょうか?

 

 


  ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

 ←『日本の主な高速バスターミナルの紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る