JR大津駅(近江鉄道バス・京阪バス(予約業務のみ))

概要

 大津市のJR線の玄関口であるJR大津駅(但し、市街地の南端にある)にあるバスターミナル(ロータリー)です。現在のJR大津駅は大正時代(1921年)膳所(当時はここが大津駅でした)〜京都間の線路付け替え時(新逢坂山・東山トンネルの開通で現在のルートに変更、それまでは南に大きく迂回していた)、大津市街地の南端に誕生した駅です。そのため浜大津に比べにぎやかさが欠けていたのですが、現在のJR線の充実により、名実ともに大津市の玄関口となりました(但し草津など滋賀県内の他のJR駅の中では乗降客は多くないほうです)。

 現在JR大津駅には近江鉄道バスの首都圏方面の夜行バス2路線と京成・京阪バスの千葉方面行き(但し運行は京成のみ、京阪は運行から撤退し予約業務のみです)夜行バスが乗り入れています。京阪にとっては唯一の大津乗り入れの高速路線だったのですが、

京成単独となって、京阪の高速バスを大津市街地で見ることが出来なくなってしまいました。

 

アクセス

 JR大津駅北口(メイン側)目の前のバスロータリーから発車します。大津からJRに乗って10分で京都に行けます。

 なおJR大津〜京阪浜大津間はバスで10分ほどです。

 

設備

 バス乗り場のほかに、駅ビル1F西側に近江鉄道バス・京阪バスそれぞれの案内所があり、ここで切符が買えます。

 あと、駅前にコンビニ(ハートイン)があります。

地図はこちら。関係バス会社HPは『リンク集1』を参照。

 


 

 大津駅駅舎です。浜大津駅に比べ周辺の賑わいさは欠けますが、それでも大津市の玄関口です。観光案内所があるなど、それなりに設備は整っています。

 駅前のバス乗り場案内です。高速バスは運行会社にかかわらず、1番乗り場からの出発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅舎西側にある、バス案内所です。

 各社がそれぞれ窓口を設けています。

 隣は物産センターです。

 近江鉄道バス・京阪バスの案内所です。看板はまとめて書かれていますが、窓口は別です。

 各社のパンフレットが置かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1番乗り場です。ここから高速バスが発車します。

止まっているバスは近江鉄道バスのコミュニティタイプのバスです。

 時刻表です。2社の時刻表が並べて掲載されています。千葉行きの運賃が安いのですが、京阪バスが運行から撤退したときに、運賃値下げの変わりに3列→4列シートにグレードダウンしてしまいました。また、大津市街地から京阪バスの高速バス車両も見かけなくなってしまいました。もちろんツアーバスの猛攻のせいですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大津駅前風景です。写真左にバス案内所、写真右奥が高速バス乗り場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想:

 JR大津駅って、町外れにあると今までイメージ持っていたので、意外と駅が立派だった(さすがに県庁代表駅なのでそれなりに規模はあった)感じです(賑わいさはやはり浜大津が上ですが)。ここに高速バスが停車してもおかしくないでしょう。

 これはバスとは関係ないのですが、大津駅〜浜大津間に路面電車があれば・・、と思います。今のままでは膳所または石山で京阪に乗り換えないと中心部にいけないからです。


 

 ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る