JR大阪駅桜橋口(西日本JRバス)

 

  概要

 JR大阪駅桜橋口(西口)の南側にある『西日本JRバス』の大阪地区のメインバスターミナルで国鉄バス時代からの伝統があります。

国鉄バス時代は東京駅行きドリーム号(1往復)と、名神・中国ハイウェイバスだけでしたが、JR化後、さまざまな路線が開設され、

今では関西でも有数の高速バス会社となりました。現在は関東から中国・四国・九州方面まで高速バスが発着います。

西日本JRバスの大阪発着のほとんどバス(ドリームなんば・堺号は除く)がここに乗り入れています。

 

アクセス:(各駅の構内図は各鉄道会社のHPを参照してください)

 ・JR大阪駅・・桜橋口改札を右へ曲がると、すぐ切符売り場&乗り場です。

  ・阪神・・西口第3改札口(B1F・一番神戸よりの改札)から右折、地下道を通って約5分で着きます。

 ・地下鉄四つ橋線(西梅田駅)・・北改札から地下道をJR方面に歩いて5分で着きます。

 ・JR北新地駅・・・地下街『DIAMOR OSAKA』&『Whityうめだ』を歩いて10〜15分ほどです。

 ・地下鉄御堂筋線(梅田駅)・谷町線(東梅田駅))・・・地下街『Whityうめだ』を歩いて10分は最低必要です。

 ・阪急(2F中央改札が一番近いです)・・・歩道橋&JR大阪駅のコンコースを通り抜けるため、徒歩15〜20分くらいかかります。

 (地下街『Whityうめだ』(HPは運営会社『大阪地下街』のHPからアクセス)『DIAMOR OSAKA』では

『JRハイウェイバス』を目印に歩いてください。)

 

※共同運行の高松・丸亀線はJRバス便(西日本JRバスJR四国バス)と阪急バス四国高速バス(四高)便では乗り場が違います。

(阪急・四高便は『阪急三番街BT』からの発車となり、『大阪駅桜橋口』には停まりません)ので要注意です。

 

設備

 切符売り場(『高速バスネット』で予約した切符の発券・変更・取消、『発車オーライネット』で予約した切符の発券(変更・取消は不可)が出来ます)・待合室があります。乗り場の横にトイレがあります。

  待合室そばに売店とコインロッカーがあります。コンビニは駅構内(中央コンコース)に『ハートイン』があります。

 なお大阪駅は2011年まで工事中ですので、最新の構内図は必ず『JR西日本/JRおでかけネット』のHPで確認してください。

 

 

『大阪駅桜橋口』バス乗り場の地図はこちら。・『西日本JRバス』HPはこちらになります。

なお、『京都駅中央口』(京都地区のメインターミナル)乗り場の案内文はこちら

        『三宮バスターミナル』(神戸地区のメインターミナル、JR三ノ宮駅東南口・ミント神戸1F)乗り場の案内文はこちら

 


 

  

 JR大阪駅です(西南側から撮影)。駅ビルは『アクティ大阪』の名称があり、百貨店(大丸)・ホテル(ホテルグランヴィア大阪)などが入居しています。

 現在2011年完成で駅北側にも駅ビル(こちらは三越や映画館などが入居予定)が建設中で、アクティ側も南側を建て増しします。そのため東西バスターミナル(東側は市バス・西側はJRバス)の上に仮駅舎が各1棟設けられています。

 写真の左側がJRバス乗り場(バス乗り場の上に仮駅舎があります)です。

 バスターミナルバス出口です。信号機が設置されており、『JRハイウェイバス』と看板が出ています。

 この辺は市バスも待機待ちしている場合が多いので結構バスの両数があります。

 なお、バス入口は南側の仮駅舎南側1Fになります。

 看板の上のホームはJR大阪環状線です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 JR大阪駅桜橋口改札です。駅の西側の通路に当たり、他の改札と異なり改札内連絡通路の南側のみに改札があります。

 バスターミナルは写真の左側になります。阪神梅田駅西改札及び地下鉄四つ橋線西梅田駅北改札から地下道で来た場合、ここに出てきます。

 切符売り場及び待合室です。桜橋口改札を右に曲がったら目の前に見えます。ここはJR環状線の高架下になります。

 窓口は2ブースあり、『発車オーライネット』用の自動引き換え機もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待合室を反対側から見た姿です。写真右側にキオスクがあります。

 新路線が誕生するたびに垂れ幕が下がります(ちなみに写真はプレミアムドリームと青春メガドリームです)。

 

 

 JRバス乗り場の看板です。昔に比べて、行き先が桁違いに増えました(特に明石海峡大橋開業後)。

 路線の改廃があったら、書き換えで大変です(後ろの高架はJR環状線ホーム)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 切符売り場兼待合室と乗り場を渡る横断歩道です。

 この間を、発着するバスとタクシーが、通っていきます。結構迫力あります。

 ホームです。3バースあります。一応行き先別にはなってますが、方面別ではないので確認する必要があります。

 なお、1番ホームは改札口みたいな施設があります。夜行便は2台・3台停まっていることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは3番ホームです。ひっきりなしにバスがやって来ます。

 待合室で待たずに、ホームで待つお客さんのほうが多いので、結構ホームは混雑します。

 便利なのか、大阪人はせっかちなのか・・・。

 構内全景です(安全地帯から撮影)。神姫バスが止まっている付近は、降車場兼待機場で10台くらい駐車できます。ドリーム号の続行便にも対応可能です。

 到着便はこの降車場で下ろされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大阪・梅田地区の他の高速(リムジン)バス乗り場(各バス会社のHPは『リンク集1』参照)

 

・『阪急梅田・三番街バスターミナル阪急バス・地図はこちら)』の案内文はこちら

ハービスOSAKA阪神電鉄バス/伊丹・関空リムジンバス・地図はこちら)』の案内文はこちら

・『大阪駅前(地下鉄東梅田駅前)バス乗り場(近鉄バス・地図はこちら)』の案内文はこちら

・『新阪急ホテルバスセンター(伊丹・関空行きリムジンバス・地図はこちら)』の案内文はこちら

・『大阪駅前/マルビル前(伊丹行きリムジンバス・地図はこちら)』の案内文はこちら

 ・リムジンバス運行会社

  ・伊丹空港系統・・・大阪空港交通阪神電鉄バス(新阪急ホテルBCを除く)

  ・関西空港系統・・・大阪空港交通阪神電鉄バス関西空港交通


感想

国鉄時代からなじみのある乗り場で、東京へ行くときは何度かお世話になりました。現在乗り場の上にはJR大阪駅の仮駅舎が建っているので、雨に濡れずに助かります。2011年春をめどに大阪駅は大きく生まれ変わるのですが、そのとき、この乗り場はどうなっているのでしょうか?

 乗り場的には余り不満は無いですが、待合スペースが狭くなって来てます。これだけは広げてください。

 


  ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←日本の主な高速バスターミナルへ戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る