JR和歌山駅(東口)(和歌山バス・南海ウィングバス南部・関空行きリムジンバス)

 

概要

 和歌山県の代表駅である、JR和歌山駅(旧南海貴志川線である和歌山電鐡もJR和歌山駅構内に乗り入れています。)

の東口にあるバスターミナルです。

 JR和歌山駅は表側にある中央口(西側)と裏側にある東口があります。

 バスターミナルも中央口(西側)と東口側の2箇所あります(東西間は駅北側に連絡地下道があります)。

 高速バス&関西空港行きリムジンバスは裏口に当る東口からの発車ですが、これは、東口のほうが余裕があるのと、阪和自動車道和歌山ICに近いからです。 

 

 和歌山市内のバスは、南海電鉄グループの『和歌山バス』(1975年に南海電鉄の和歌山地区のバス部門を分離)がメインとなっており、市内中心部に路線網を張り巡らせています。 

 和歌山の高速バスは『南海ウィングバス南部』(2001年に南海電鉄のバス部門をすべて分離した『南海バス』の子会社(泉南地区担当)、但し『南海ウィングバス南部』分離時点は南海電鉄直営)が運営する新宿・東京駅線『サザンクロス/ドリーム和歌山号』(JRバス関東との共同運行)と、『和歌山バス』が運営する横浜・TDR・千葉(海浜幕張駅)線『サウスウェーブ』(京成バスとの共同運行)の首都圏方面夜行2路線があります。

(路線開設及び経緯は『南海和歌山市駅』のページにまとめてあります。)

 

 また、JR和歌山駅からは関西空港行きリムジンバスが出ています(南海和歌山市駅からは出ていません)。

 

 

アクセス:(JR和歌山駅の構内図は『JR西日本/JRおでかけネット』のHPを参照してください。)

 JR和歌山駅東改札口から徒歩1〜2分です(東改札口のある東口駅舎を出ると乗り場が見えています)。

 JR和歌山駅構内は北側(天王寺側)に地下道、南側(白浜側)に跨線橋がありますが、必ず北側の地下道へ向かい、

地下に降りたら、右側へ曲がって東改札口から出てください。跨線橋からは中央口しかいけません。

和歌山電鐡からの場合は、乗換え改札口を出たら、目の前に上記の地下道がありますので、

地下に降りて右に曲がり、地上に上ると東改札口です。)

 間違えて中央口に出てしまったり、バスなどで来て西側広場にいる場合は(一般路線バスはほとんど西側発着です)、

北側(改札を出て右)の近鉄百貨店前入口前に東西連絡地下道の入口がありますので、それを通り抜けると、

東口駅舎のすぐ左隣に出ます。あとはバス乗り場が見えています。

 

 

路線案内

・『サザンクロス/ドリーム和歌山号』(運行会社:『南海ウィングバス南部(南海バスグループ)』『JRバス関東』の共同運行)

  『南海和歌山市・JR和歌山駅⇔新宿駅(新南口)・東京駅(八重洲南口)』

  ※発券システムは『マルス(JRの列車予約システム)』のみですので、

  電話予約・ネット予約(『高速バスネット』『発車オーライネット』)ともすべて不可です。コンビニ発券も不可です。 

  ・購入できるのは(すべて直接購入になります)、

   ・『マルス』端末のある(端末のあるところは『みどりの窓口』の表示があります)、

    ・全国主要JR駅の『みどりの窓口』(設置駅は大型時刻表やJR各社のHPに書いてあります)

     ※なおJR和歌山駅の『みどりの窓口』は中央口(複数窓口あります)・東口(こちらは1ブースだけですが)ともあります。

    ・大手旅行会社     

   ・『南海バス』(南海高速バスセンター(南海なんば高速BT内)・各営業所・堺東案内所)

   ・『和歌山バス』(南海和歌山市駅1Fの和歌山バス高速バス予約センター)

   のみです。

 

・『サウスウェーブ』(運行会社:『和歌山バス』『京成バス』の共同運行)

  『南海和歌山市・JR和歌山駅・泉北泉ヶ丘・南海堺・堺東駅⇔横浜駅(YCAT)・東京テレポート駅・TDR・西船橋駅・海浜幕張駅』

   ※発券システムは『発車オーライネット』ですので、電話予約&『発車オーライネット』でのインターネット予約可能です。

   ・購入できるのは

   ・『和歌山バス』(南海和歌山市駅1Fの和歌山バス高速バス予約センター・各営業所)

    ※JR和歌山駅のバス切符売り場(西側の東西連絡通路入口の裏にあります)は定期券・回数券が中心で休日は休みです。

      コンビニなどで買っておくほうが無難です。

   ・『南海バス』(南海高速バスセンター(南海なんば高速BT内))

   ・大手旅行会社(手数料がかかります)

   ・コンビニ

    ・ローソン/ファミリーマート(店内の端末で手続き後、レジで支払い。端末で予約→発券も出来ます。)

    ・サンクス・サークルK(予約後、携帯電話の端末をコンビニレジに持って行き、レジ決済))

     ※東口乗り場から徒歩1〜2分のところに『ローソン』があります。

 

・『関西空港行きリムジンバス』(運行会社:『和歌山バス』と『関西空港交通』の共同運行)

  『和歌山/(和歌浦〜)JR和歌山駅⇔関西空港(南海和歌山市駅は通りません』

   ※乗車券は自動券売機(JR和歌山駅)で購入か車内精算。

    なお、関西空港で伊丹空港・京都・神戸方面へ乗り継ぐと乗り継ぎ割り引きが適用されます。

    乗り継ぎ割り引き乗車券は自動券売機では発売していませんので、

    待合室にいる係員又は乗務員から乗り継ぎ割り引き乗車券を購入してください。

 

 

設備

 待合室及びリムジンバス自動券売機(1台)があります。

 夜行高速バスの乗車券は待合室内では売っていませんので、乗る便により、上記の指定購入場所で購入してください。

 なおコンビニは上記のローソンの他、待合室前にセブンイレブンがあります。

 

 

関連HP

『JR和歌山駅東口』乗り場の地図はこちら

『和歌山バス』のHPはこちら

『南海バス(南海ウィングバス南部を含む)』のHPはこちら

なお『南海和歌山市駅』乗り場の案内文はこちら

 


 

 

 

 JR和歌山駅(中央口)です。かつては『東和歌山』駅といっていました(その時の『和歌山』駅は現『紀和』駅)。阪和電鉄(現JR阪和線)開業後、急激に和歌山のターミナルとして発展し、和歌山線を付け替え(最初は紀伊中ノ島駅経由で(旧)和歌山(現紀和)に向かっていた)たりして、1968年に『和歌山』駅に改称し(その一ヶ月前に『(旧)和歌山』→『紀和』に改称)名実ともに和歌山のターミナルとなりました。

 こちらが表口で市街地側です。バスターミナルもこちらがメインですが、高速・リムジンバスは裏側の東口から出ます。

 中央口改札口です。和歌山で下車するお客さんのほとんどがこちらの改札を利用します。流れに任せてこちらから出てしまいそうですが、高速・リムジンバスに乗り換える人はここから出てはいけません。ホーム北側(天王寺側)にある地下道を降りて『東改札口』に向かいます(9番ホーム方面に向かって下さい。地下道の1番線側にも改札(『VIVO改札口』)があります)。

 なお、南側にも跨線橋がありますが、7・8番乗り場(和歌山線・和歌山市支線)までしか行けません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 間違えて中央口に出てしまった場合や、市内バスなどで駅の西側にいる場合は駅の北側にある『連絡地下道』で東側に抜けることが出来ます。入口は近鉄百貨店前です。中央口前にも地下に降りる階段がありますが、地下広場への入口でここを降りると遠回り且つ迷うため間違えて入ってしまったら、戻ったほうが早いです。

 看板に『右 バスきっぷうりば』の案内がありますが、基本的に定期券売り場です(写真右)。

 地下連絡通路の裏にある『和歌山バス 定期券売り場』です。この日は休み(休日と第2土曜は休み)でしたが、ここで『サウスウェーブ(横浜・千葉行き)』の切符を売っているかどうか不明です。取材時には聞こうにも聞けなかったので、分かりませんでした(パンフレットにも売っているかどうか不明です)。

 すいませんが、空いていたら、聞いてみてください。不可なら『ローソン・ファミリーマート』に走ることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは『東西連絡地下道』の東側出口です。上からの写真とつながっています。

 

 写真の左側に和歌山駅東口駅舎(下の写真)があります。

 目の前には東口駅前広場があり、高速・リムジンバスの乗り場が見えています。

 こちらは、構内連絡地下道(9番線(和歌山電鐵貴志川線)乗り場通路前)です。目の前に見えている階段が、東改札口への通路です。

 階段を上ればすぐに改札です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 和歌山駅東口駅舎です。中央口と比べて、物凄く小さく、どっかの新設駅の感じがします。和歌山駅東口はこれから開発される予定なのでお客さんは増えていくと思いますが、まだまだお客さんは少ないですし、賑やかさも西側と比べ物になりません。駅舎の右側に上の写真で紹介した『東西連絡地下道』があります。東西ともにEVも付いており、バリアフリーは考慮されています。

 高速・リムジンバスは目の前にあります(左側を回り込む形に進みます)。

 東改札口です。1ブースながら『みどりの窓口』(なぜか『きっぷうりば』になっていますが、ちゃんと『マルス』端末があります(JRのネット予約『5489サービス』や『エクスプレス予約』のステッカーが貼られています))があります。

 高速バス乗り場から一番近い『みどりの窓口』ですので、新宿駅・東京駅行き『サザンクロス/ドリーム和歌山号』の切符はここで買うことになります。小さいので、混雑時は駅員の方は大変です・・・(改札掛も兼ねていますので、お客さんから問い合わせがある場合が時々あります)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連絡地下道&駅東口から見た高速&関空リムジンバスの乗り場です。屋根に大きな看板がありますので、すぐに分かります。

 中は、待合室・関空行きリムジンバスの自動券売機(1台)があります。但し乗務員さん用の詰所はありますが、案内所はありません。リムジンの場合はともかく、夜行バスの場合はあらかじめ切符を用意しておく必要があります。『サウスウェーブ』の場合は100m先のローソンで買うことになります。

 バス停です。3本あるように見えますが、一番左は『高速バス乗り場』の案内看板です。一応モニュメントの形をしています。

 真ん中が『サウスウェーブ&サザンクロス』、右が関空リムジンバスのバス停です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『サウスウェーブ』&『サザンクロス』ののバス停です。左側が『サウスウェーブ』、右側が『サザンクロス』です。

 しかし発売箇所が、大手旅行代理店・和歌山バス営業所・南海国際旅行などになっていましたが、なぜか『サザンクロス』側に『みどりの窓口』の表示がありません。どう考えても駅で買うことになるのですが・・・。もしかすると、東急バスとの共同時代から表示を変えていない可能性があります・・・。

『サウスウェーブ』のコンビニ購入の説明もありません。

 こちらは関西空港行きリムジンバスのバス停です。場所柄、さすがに伊丹空港行きはありません。おおよそ30分おきに発車します。

 『切符は券売機で』の表示があります。和歌山駅からは片道1000円ですので、小銭はいりません(市内からは+100円)。但し、京都・伊丹空港・神戸方面の乗り継ぎ切符は乗務員さんから買う必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関空から到着した和歌山バスのリムジンバスです。土曜の夕方でしたが、結構お客さんが乗っていました。和歌山からは東京方面は関空を使うほうがはるかに便利なのですが、時間帯により飛行機の空白時間帯があります。

 小型機でいいので(どうせ大阪市内の人間は伊丹空港を使うので)羽田行きを飛ばして欲しいところです。2009年の羽田空港拡張時にどうなっているかは分かりませんが・・・。

 待合室入口です。『リムジンバス乗り場』の表示があります。中はこじんまりとしていますが、昼間は100%リムジンの利用客なのでこれでいいかもしれません。

 入口に自動券売機が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自動券売機です。入口の前にあるので、少々狭く、使いにくいです。

 くどいように『この券売機では(京都・伊丹・神戸方面)乗り継ぎ乗車券は買えません。係員からお買い求め下さい』との表示があります。しかし、ここまで書かれていることは、結構乗り継ぎ客がいるのでしょうね。

 もうリムジン乗り場ではおなじみになったLED式の時刻・行き先表示器がここにも設置されていました。

 しかし、ここは関空行きしかないので、『時刻+関西空港』の表示しかありえないのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 感想

 『サザンクロス/ドリーム和歌山号』・『サウスウェーブ』についての意見は『南海和歌山市駅乗り場』の感想欄にまとめましたので、

そちらを読んでください。2路線とも問題点を記してあります。

 

 JR和歌山駅乗り場は南海和歌山市駅と違って、リムジンバスもあり、待合室もあるのですが、夜行高速バスに関しては営業体制に問題があります。和歌山バスがどうしても南海グループなのでどうしても南海和歌山市駅を重視したいのは分かりますが、これでは普通のバス停と変わりません。『サザンクロス』は『みどりの窓口』しか買えないので、駅に走ればいいのですが、『サウスウェーブ』はコンビニ頼りになってしまいます。これなら、市内在住なら南海和歌山市駅から乗ったほうがましです。

 あと東口ということで、あまりにも寂し過ぎますし、中央口にいる人間にとっては、『高速(リムジン)バス乗り場がない!!』と混乱の元です。これは和歌山市及びJRの問題ですが、せめて、高速・リムジンバスの案内を中央口及び連絡通路入口に表示して欲しいです。第一、表玄関は駅の西側なのですから。


←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

 ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る