高速舞子バスストップ(B.S.)(神戸淡路鳴門自動車道)

概要

 神戸〜淡路島〜四国(徳島県鳴門)間を結ぶ『神戸淡路鳴門自動車道』は1998年に明石海峡大橋の開通によって全通しました。

 関西〜淡路島・四国間を最短で結ぶので多くの高速バス路線が開設されました。その際に開設されたのが『高速舞子バス・ストップ(B.S.)』です。このバス・ストップの最大の特徴は自動車道の真下を走るJR神戸線舞子駅と山陽電鉄舞子公園駅のほぼ真上の高架橋に設置されたことです。

 このためこのバス・ストップを利用して鉄道と乗換えが出来るという、画期的な場所になり、多くの利用客でにぎわっています。

 神戸側関連バス会社は西日本JRバス・本四海峡バス・神姫バス・山陽電鉄バス(神戸山陽バスを含む)・阪神電鉄バス・神戸フェリーバス(フットバス)です。

 又、淡路交通が、ここを始発とした淡路島島内路線を設定しています。

 

施設

 高速道路上のバス・ストップとしては、異例の5F建ての施設になっています(大橋たもとの高架橋上に建設されたため)。

・1F・・・入り口(JR舞子駅・山陽舞子公園駅連絡通路へ)・コンコース・EV乗り場(2・4Fへ)

・2F・・・タクシー乗り場を含む交通広場。4Fへの(からの)エスカレーター乗り(降り)場。EV乗り場(1・4Fへ)。

・4F・・・コンコース・トイレ・待合所・飲料自動販売機・EV乗り場(5F乗り場・降り場へ各1基・1&2Fへ1基)。

・5F・・・ホーム(南行・・・乗車場(2バース・待合室あり)・北行・・・降車場(2バースあり))。

となっています。

各階連絡施設として、

・階段・・・1Fコンコース⇔2F広場に2箇所・2F広場⇔4Fコンコースに2箇所・4Fコンコース⇔5F乗り場・降り場に各1箇所。

・エレベーター(EV)・・・1Fコンコース⇔2F広場⇔4Fコンコースに1基・4Fコンコース⇔5F乗り場・降り場に各1箇所。

・エスカレータ・・・1FJR舞子駅連絡通路⇔2F広場南に上下各1基。2F広場⇔4Fコンコースに上下各1基。

になっています。1F入り口〜5F乗り場まで5分は見ていいでしょう。

 なお切符売り場・売店はありません。JRバス・本四海峡バスのみJR舞子駅『みどりの窓口』で買えます。但し、『発車オーライネット』などで予約した場合、『みどりの窓口』では引き換えできませんので注意してください。

 

アクセス(駅〜バス・ストップ4Fコンコース)

JR舞子駅(朝を除き快速停車(夕方の一部を除く))からの場合

 (1)改札を出て右(北口)に出て、さらに右(東)へ向かう。

 (2)高架下に来たら、

  (A)左に曲がりしばらく進むと1Fコンコース入り口があるので、中に入り、

    (ア)エレベーターで一気に4Fへ上る。(4Fに着いたら右へ向かったら5Fへの階段&EVがあります)

    (イ)階段で2F交通広場へ上り、直通エスカレーター(かEV・階段)で4Fへ上る。

  (B)左斜め前にエスカレーターが見えるので、それを上ると2F交通広場南側へ出るので、

    歩道を通って交通広場北側に向かい、直通エスカレーター(かEV・階段)で4Fへ上る。

山陽舞子公園駅(直通特急・特急停車)からの場合

 (1)改札を出て右(南口)の階段を下りそのまま東へ線路沿いを歩き、突き当たりを右へ。

 (2)曲がって高架下に来たら、

    (ア)1F入り口を入り、あとはJR−(A)のパターンと同じ。

    (イ)入り口を通り過ぎ、しばらく歩くと左手にエスカレーターが見えるので、あとはJR−(B)と同じ。

 

 4F〜5F間は階段かエレベーターで移動します。

なお2Fエスカレーターから4Fコンコースに上ったら、降り口の目の前が5F乗り場への階段かEVがあります。

逆に5F降り場からEVか階段で4Fに降りた場合、目の前に2Fへのエスカレーターがあります。

(そのまままっすぐ行くと、コンコース中央右に1・2Fに下りるEVがあります)

 

両駅〜5F乗(降)り場までは10〜15分は見て置きましょう。

 

その他注意

・地図はこちらです。関係バス会社のHPは『リンク集1』参照。

・立川行き夜行高速バスが出発する、JR舞子駅バス乗り場(地上)はこちらです。

・高速舞子止まりのバスは垂水JCT・ICまで回送(JCT内にバス操車場があります)となります。

自家用車等が本線上バス・ストップで人を乗り降りさせるのは、道路交通法違反です(駐停車禁止違反に問われます)!!

よく出迎え・見送りのためバス停上で見かけますが、絶対にこの行為はしないで下さい(乗り場&降り場に警告の看板が出ています)。

 


 高速舞子2F交通広場から撮影した風景です。南から北側に向けて撮影しました。『高速舞子バス乗り場』と書かれているのが、4Fコンコースになります。

 左下から右上に向かうエスカレーターが上り、逆が下りになります。真ん中がエレベーターです。

 4Fコンコースです。向かいの階段が5F乗り場への階段になります。待合スペースのほか・トイレ・飲料自動販売機があり、ちょっとした駅です。但し、切符売り場と売店はありません。ここからでも淡路島が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5F乗り場(南行)です。目の前は垂水の住宅地の下をくぐる舞子トンネル(2km以上あります)です。乗り場は2バースあり、トンネル寄りには待合室があります。

 いつも利用客でごった返しています。

 こちらは降り場(北行)です。こちらも降り場は2バースあります。淡路交通のローカル路線も一部ここまで乗り入れてくるので、通勤・通学客も下車し、電車に乗り換えます。前方は明石海峡大橋で4km先は淡路島です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 感想:

 淡路島・四国の交通を大きく変えた大橋のたもとにあり、電車との乗換えポイントですので、バス停と言うより、ほとんど電車の駅に近いです。最初はなかった4Fトイレも設置されるなど、確実に淡路島・四国への玄関口の役割を果たしています。

 要望としては、やはり4Fコンコースに切符売り場と売店が欲しいです。そうすれば高速バス・ストップとしては、完璧なのですが・・・・。スペース的には難しいかもしれませんが実現して欲しいです。あと、過密すぎて、ダイヤ上通過を余儀なくさせられるバス便もあるので、その点も各機関で調節して欲しいです。

 


 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る