京都駅八条口(東口)・ホテル京阪(アバンティ)前

  (京阪バス・京都定期観光バス・リムジンバス他)

 

概要

 JR京都駅八条東口の再開発に伴い、再開発ビル『アバンティ(専門店街・ホテル京阪京都・結婚式場などが入居)』とともに設置された公共バスターミナルです。

 このバスターミナルには、

 ・『京都市バス』

 ・『京阪バス(高速バス・一般路線バス)』/『京阪京都交通(高速バス・予約業務は京阪バスが代行)』

 ・『京都定期観光バス京都市交通局京阪バスの共同運行)』

 ・『関西空港行きリムジンバス(大阪空港交通関西空港交通との3社共同運行)』

 ・『伊丹空港行きリムジンバス(大阪空港交通の単独運行)』

などが乗り入れます。

 『京阪高速バス』及び『リムジンバス』にとっては京都側のメインターミナルの役割を果たしています。

 なお京阪バスの高速バスでも、西日本JRバスと共同運行をしている4路線(金沢・徳島・高松・出雲線)の場合、

『烏丸側・中央口JRバス乗り場』からの発車となり、『八条口アバンティ前』には乗り入れません(JR・京阪とも)。

また定期観光バスも場合によっては烏丸口乗り換えの場合があるので注意が必要です。

 近年京阪バス傘下に入った『京阪京都交通(旧京都交通)』の福山行き『みやこライナー』は『京都駅前/烏丸口C2(京阪京都交通一般路線バス)乗り場』からの発車なので要注意です。

 

 

バス停名称

  ・京都市バス一般路線・・・『京都駅八条口アバンティ前』(『京都駅八条口』というバス停も別に(八条西口)あります。)

  ・京阪バス・・・高速路線(京阪京都交通も含む)・・『京都駅八条口(ホテル京阪前)』/一般路線・・『京都駅八条口』

  ・京都定期観光バス・関空行きリムジンバス・・・『京都駅八条口』

  ・伊丹行きリムジンバス・・・『京都駅八条口』

 

 

設備

 ロータリー式のバス停(上屋付)のほか、アバンティ1Fに、『京阪バス』の案内所(切符売り場・待合室・コインロッカー)があります。

 切符売り場では、高速バス(京阪京都交通の高速バス乗車券も発売)・定期観光バス・リムジンバスの切符が買えます

(関西空港行きは自動券売機があります。なお切符売場窓口営業時間は朝〜夕方までなので夜行便は要確認です。)。

なお伊丹空港行きの切符は、案内所切符売り場窓口カウンターの他、バス停前の係員からも買えます。

 なお待合室は夜行バス発車まで使えます。トイレはアバンティ施設内にあります。

 なおコンビニは案外少ないので、地図で確認して下さい。

(一番近いのが新幹線コンコース下の『ベルマート』(JR東海系のコンビニ)くらいです。)

 

 

アクセス:(各駅の構内図は各鉄道会社のHPを参照してください。なおJR在来線はJR西日本、新幹線はJR東海です。)

 ・JR(在来線)・・八条東改札口から駅前の地下道を降り、案内に沿って歩いてください。徒歩で約5分です。

                     但し、営業時間が6:50〜23:00なのでそれ以外は地下東口か西口へ回ってください。(約10分かかります。)

           あと、0番線(東海道・北陸線長距離ホーム)及び30〜33番線(『はるか』&山陰(嵯峨野)線)からなら、

           0番ホームを通って、東地下道に降り、地下東口から出て、東自由通路を南へ真っ直ぐ歩いたほうが早いです。

 ・JR(新幹線)・・新幹線八条東改札口から駅前の地下道を降り、案内に沿って歩いてください。徒歩で約5分です。

 ・京都市営地下鉄烏丸線・・南改札口から地下道を南方向(アバンティ方面)に真っ直ぐ歩いてください。徒歩7〜8分です。

 ・近鉄京都線・・2F中央口または1F八条口から新幹線コンコース下を抜け、

          新幹線&在来線の八条東改札口前の地下道を降り、案内に沿って歩いてください。徒歩で約10分。

 

 ※なお烏丸(中央)口にいる場合、地下道(PORTA)に入り、東地下連絡通路を通りぬけて下さい。

  烏丸七条からアバンティまで地下道が真っ直ぐつながっています(アバンティ、空港バスが目印です)。

  烏丸口・駅前広場から、約15分はかかりますので時間に余裕を持ってください。

 

 

 その他情報

『京都駅八条口・アバンティ前(ホテル京阪前)』乗り場地図はこちら。 ・『Avanti(アバンティ)』の公式HPはこちら

『京都市交通局』(地下鉄・市バス)HPはこちら。  

『京阪バス』(路線バス・高速バス・関西空港行きリムジンバス)HPはこちら。 

『京阪京都交通』(高速バス)HPはこちら。     

『大阪空港交通』(伊丹・関西空港行きリムジンバス)HPはこちら

『京都定期観光バス』(京都市交通局&京阪バス共同運行)専用HPはこちら

 

※京都駅前高速バス乗り場は5箇所にわかれているので注意してください(下記参照)。

 


 

 

 

 JR八条東口(在来線)改札口です。1Fにあります。東連絡地下通路及び10番線(奈良線)乗り場に直結しています。

 営業時間は6:50〜23:00です。早朝出発のリムジン(始発は伊丹行き5:45、関空行き6:00)及び最終の八王子行き夜行(23:10発)利用の場合、要注意です(もっとも夜行利用の場合は最低でも10分前に乗り場に到着すべきですが)。

 昼行長距離高速バスの始発は7:30の松山行きが始発ですのでOKですが、夜行便(到着時間にも拠りますが)及び最終の関空からのリムジンの到着時にはまず閉まっています。その場合は地下東口か西口改札への迂回が必要です。

 こちらはJR八条東口(新幹線)改札口です。こちらは始発から最終まで空いています(但し、京都で新幹線から高速バスに乗り換えるお客さんはほとんどいないと思いますが・・。)

 在来線改札口とほぼ隣接しているのですが、こちらもこじんまりとしており、切符売り場は自動券売機しかありません(新幹線の指定席は買えます。)ので少しややこしい切符を買うときは西側の『みどりの窓口』に行く必要があります。

 なお、近鉄から乗り換える場合、1F八条改札から新幹線コンコース下を東へこの八条東口改札まで延々歩く必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 JR八条東口改札(在来線・新幹線とも)を出て、正面の玄関を出ると、目の前に地下道の出入口に出ます。

 バス乗り場のある『アバンティ』は八条通の向かいにあります。横断歩道はありませんので(結構広い道で、横断歩道はかなり遠いところにあります。)、この連絡地下通路を通ってバス乗り場に向かうことになります。

 ちなみにJR八条東口から地下鉄に乗り換えるにも、この階段を使います。

 左の階段を降りると左から、JR地下東口・地下鉄・烏丸駅前広場・(烏丸)京都駅前地下街(POLTA)からの連絡通路と合流します。リムジン・ホテル京阪前高速バス乗り場へは合流点を右に曲がります(『Avanti』と書いてある方向の向かいます)。

 『空港バス』としか看板には書かれていませんが、八条口バス乗り場が出来た当時は、出発するバスが伊丹空港行きリムジンバスがほとんどだったからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『アバンティ』B1F入口手前です。この上はすでにバスターミナルで、市バス乗り場はここを左折(右の写真の場歩に出ます)、伊丹空港行き乗り場はここで斜め右の階段(階段のところに吹き抜けの地下広場があります)を上ります。

 京阪バス関係(高速バス・関空行きリムジンバス・定期観光バス)はアバンティ玄関直前まで進み、左手にある階段を上れば、乗り場&案内所です(2枚下の写真の場所に出ます)。

 左から来た地下道の出入口です。このゾーンはすべて市バスです。しかしほとんどすべての市バスが烏丸口始発ですし、京都駅から南方面に行く系統は北方面に比べて格段に少ないので、この乗り場は閑散としていることが多いです。

 恐らく、交通局は南方面系統をここを始発にしようと思っていたでしょうが、結局不便だということでそのままになっているうちに地下鉄が竹田へ南進したため、系統自体が少なくなってしまいました。今でも数系統しか来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 再開発ビル『アバンティ』概観です。専門店街・ホテル京阪京都・結婚式場などが入居いています。

 京都駅に乗り入れていない京阪グループとしては京都駅地区の拠点となっています。それまでは、どうしてもターミナルの三条がメインでしたから、路線外の京都駅に進出するのは、やっぱり観光客が訪れる京都駅地区の便利さから、行ないかったのでしょう。

 ホテル京阪にかかっている『定期観光バス』乗り場看板です。ここに定期観光バス乗り場を設けたのは、新幹線客の利便性を考慮したためです。

 

 この1Fに京阪バスの案内所があります。

 高速バス・定期観光バス・関西空港リムジンバス(関空行きリムジンバスの京都側幹事会社は京阪バスです。)の営業基地になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 八条地下通路を上るとバス案内所&ホテル京阪のエントランス前(ロビーは2F)に出ます。

 完全にホテルとバス関係の看板が一体化しています。

 ホテルとバス乗り場部分は、京阪グループが一体で設計したのが分かります。

 案内所入り口です。切符売り場、関西空港行き自動券売機、待合所、コインロッカー、飲料の自販機があります。夜行バスでも待合可能な待合所もあります。なお、トイレはアバンティのフロア内にあります。

 

 ちなみに京阪バスでは、『営業所』とは切符売り場ではなく、バスの車庫のことをあらわします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 切符売り場です。ホテルのフロントと間違いそうな立派な作りです。時間帯によって適時高速バス・定期観光バス・伊丹行きリムジンバス・関空行きリムジン(前売り(関空行きは予約が出来ます)&当日売り)の売り場が変更になります。

 なお、自動券売機が関空専用なのは、窓口が閉まっている時間帯にも関空行きバスは出発するので切符を発売するためですが、伊丹行きは元々京阪は絡んでない(大阪空港交通は阪急系列です)ので、窓口が閉まっている時間帯はバス停の大阪空港交通の係員から買うことになります。

 切符売り場に隣接する待合室です。写真では隠れていますが、結構椅子も多く余裕の作りとなっています。

 

 バスを待つお客さんへのサービスのためにTVが置かれています。特に夜はカウンターが無人になるので、防犯のためにもなります。

 但し、昼間は発着するバスそのものが少ないので、TVが点けられているのは、朝と晩で、昼間は省エネのため消されています(注意書きもあります)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バス乗り場です。再開発事業で作られたので、平面ロータリー形式のバス乗り場です。

 市バス(1〜4番乗り場)は南部方面行きが多いですが、結局起点の烏丸口まで行くバスがほとんどですので市バス乗り場のみ閑散としています。結局、京阪バスの高速バスが登場するまで、ここを使うのは圧倒的に伊丹空港に行くリムジンバスの客がほとんど(あとは新幹線乗換え客の定期観光バスの利用者)、という状態でした。

 京阪バス乗り場です。5番乗り場が淀行きローカルバス、6・7番乗り場が、『定期観光バス・関空行きリムジンバス・高速バス』になっています。

 写真は6番乗り場で、すべての高速バスの時刻表は6番乗り場に書かれています。7番乗り場は基本的に予備(待機・増便・降車用)なので時刻表は張られていません。

 なお、定期観光バスは季節ごとに時刻が変わるので時刻表は貼られていません(案内所にはあります)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6番乗り場に貼られている時刻表ですが、昼行・夜行便ともに書かれていますが、夜行のほうが多いです。

 これは、昼行便の場合、京阪バスと西日本JRバスとの共同路線が4路線あり(高松・徳島・金沢(昼行)・出雲線)、協定によって『中央口・JRハイウェイバス乗り場』を使うことになっているからです。混乱の元ですので両方とも乗り入れて欲しいところ(八条口始発中央口経由がやりやすい)ですが・・・。

 ここにもおなじみになったLED式の行き先表示器があります。関空乗り場のみ取り付けられています。

 ただ、ここは伊丹行きと関空行きの乗り場が完全分離なので、『関空行き』しか表示が不可能ですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バス乗り場の一角に伊丹空港行きリムジン乗り場があります。完全に他の乗り場とは独立した乗り場となっています。

 京都系統は一部のホテル発を除きここが始発です(これは関空線も同じです)。

 係りの方が、乗車券を手売りで販売されていました(伊丹線は自由席・定員制なので、自販機か係員の手売りが多いです。最近は『PiTaPa』も使えるようになっています。)。

 

 ちなみに、後ろはJR東海道新幹線です。

 伊丹行きリムジンのバス停です。大阪空港交通の標準仕様になっています。ダイヤは約20分おきなので結構あります。名神が混んでいなければ、結構早いです(50分と出てますが、これは定刻通りです)。鉄道だと少し遠回りですし、JRとモノレールが接続していないので、結局リムジンを使うほうが便利です。ちなみに京都から関空へとなると、ちょっとした旅になってしまうほどの距離です。

(※左の写真と別の日に撮影。この日は係りの方は乗り場の後方で切符を売っておられました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


※『京都駅八条口・アバンティ前(ホテル京阪前)』発車高速バス路線一覧

『京阪バス(京阪シティバスを含む)』が運行)

 (夜行便)

 ・東京(渋谷マークシティ・新宿西口高速バスターミナル)行き

  『東京ミッドナイトエクスプレス京都号』(関東(KB)バスと共同運行。)

  (枚方車庫始発・京阪枚方市駅(北口)経由/三条京阪山科駅にも停車(枚方・京都発は乗車のみ))

 ・京成上野駅・西船橋駅・TDL経由千葉(JR海浜幕張駅・京成千葉中央駅)行き

  『きょうと号』(運行業務は京成バスのみ(車両は4列シート)。予約業務は京阪バスも担当。)

  (三条京阪山科駅JR大津駅にも停車(京都発は乗車のみ))

 ・小倉(小倉駅前・砂津)・黒崎IC経由福岡(博多駅交通センター・西鉄天神バスセンター)行き

  『きょうと号』(西日本鉄道と共同運行。)

  (京阪枚方市駅(北口)にも停車(京都発は乗車のみ))

 

 (昼行便)

 ・JR鳥取駅行き

 ・JR米子駅・日本交通米子営業所行き

  (以上2路線は日本交通との共同運行。)

 ・伊予鉄松山市駅行き

  (伊予鉄道(愛称:『京都エクスプレス』)と共同運行。)

  (名神大山崎・名神高槻にも停車(京都発は乗車のみ))

 ・JR高知駅行き

  (土佐電気鉄道/高知県交通との共同運行。)

  (名神大山崎・名神高槻にも停車(京都発は乗車のみ))

 

京阪バス近鉄バス共同運行)

 ・五条京阪前(乗車のみ)・土山バスストップ(乗降可)経由、関バスセンター・津駅前行き/四日市行き(新名神高速経由)

  (津行きは近鉄バス三重交通、四日市行きは京阪バス三重交通共同運行(乗車券は3社共通発売))

 

※リムジンバス(京都側メインターミナルになります)・定期観光バス

 ・『伊丹空港行きリムジンバス』(大阪空港交通の単独運行。『PiTaPa』の使用が可能です。)

 ・『関西空港行きリムジンバス』(京阪バス大阪空港交通関西空港交通の3社共同運行。)

 

 ・『京都定期観光バス』京阪バス京都市交通局の共同運行。専用HPはこちら『京都駅烏丸口』『三条京阪』からも発車。)

 

 

『烏丸口(JR京都駅中央口/京都駅前)バス乗り場』から発車の『京阪バス』『京阪京都交通』高速バス路線一覧

『JR京都駅中央口/JRハイウェイバス乗り場』からの発車の『京阪バス』(全路線『西日本JRバス』との共同運行))

 ・JR金沢駅行き(昼行便)

  『北陸道ハイウェイバス』(北陸鉄道との3社共同運行。)

  (五条京阪(五条通経由)又は三条京阪山科駅(三条通経由)にも停車(京都発は乗車のみ))

 ・高速鳴門・松茂経由JR徳島駅行き(昼行便)

  『阿波エクスプレス京都号』(本四海峡バスJR四国バス徳島バスとの5社共同運行。)

  (名神大山崎・名神高槻にも停車(京都発は乗車のみ))

 ・鳴門西・高松中央ICバスターミナル経由JR高松駅行き(昼行便)

  『高松エクスプレス京都号』(JR四国バス四国高速バスとの4社共同運行。)

  (名神大山崎・名神高槻にも停車(京都発は乗車のみ))

 ・JR松江駅経由JR出雲市駅行き(昼行/夜行便)

  『出雲エクスプレス京都号』(中国JRバス一畑バス(島根側愛称:『出雲阿国号』)との4社共同運行。)

  (名神大山崎・名神高槻にも停車(京都発は乗車のみ))

 

『京都駅前/烏丸口C2(京阪京都交通一般路線バス)乗り場』からの発車の『京阪京都交通』(予約業務は京阪バスが代行))

 ・JR福山駅行き(昼行便)

  『みやこライナー』(中国バスと共同運行。)

  (洛西BT始発・四条河原町西本願寺前経由/名神大山崎・名神高槻にも停車(京都発は乗車のみ))

  

 


京都駅前の他のバス乗り場・・・『(名神)京都深草バス・ストップ(各社共通使用)』の案内文はこちら

『JR京都駅中央口/京都駅前』西日本JRバス京都市バス京都定期観光バス他)

  (地図・・・JRバスはこちら/市バスはこちら/定期観光バスはこちら

『京都駅前(烏丸口・新阪急ホテル前)』阪急バス/夜行便のみ)(地図はこちら

『京都駅八条口(西口・近鉄改札前)』近鉄バス/夜行便のみ)(地図はこちら

『京都駅八条口(西口・新都ホテル前)』南海バス他)(地図はこちら

 

『京阪バス』『京阪京都交通』の他の主な乗り場

『三条京阪(前)』乗り場の案内文はこちら『京都定期観光バス』も発着)。

『山科駅』乗り場の案内文はこちら

『洛西バスターミナル』乗り場の案内文はこちら

『京阪枚方市駅(北口(高速バス))/枚方市(ラポールひらかた(リムジンバス))』乗り場の案内文はこちら

 

 


 感想

 可もなく、不可もなくといった感じです。再開発事業で出来たターミナルとしてはこんなものでしょう。おそらく市南部開発と新幹線客のための施設、って感じです。ただやはり烏丸(中央)口というバケモノがいますし、少し東によっているので近鉄からは不便です。

あと、京阪ですが、沿線でもないのによくここにターミナルを持ってきたな、と思います。もっとも三条京阪より京都駅のほうが拠点として得だと判断したからでしょうし、アバンティのメインテナントになったのもうなずけます。

 

 要望としては、市バスの系統をもう少しすっきりさせてほしいのと、JR共同運行路線の京阪バスはやはりこっちにも停車してほしいと思います。予約システムも融通が効く様になっているので京阪が発券することも可能です。誤乗防止のためにもやってほしいです。

 あと八条西口のバスももってきてほしいところですが、明らかに無理ですのでその問題点は改めて述べたいと思います。

今のままでは京阪バス(と市バス・リムジン)のためのターミナルです。京都以外のバス会社のために税金使うのも議論の出るところですが・・・。


←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

 ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る