南海難波駅・なんば高速バスターミナル(南海高速バスセンター・南海バス)

 

 概要

 南海難波駅5階、『南海サウスタワー・スイスホテル南海大阪』玄関車寄せ横に乗り場があります(ちょうど南海難波駅の真上になります)。『南海バス』のメインターミナルです。

少しこじんまりとしていますが、バスターミナルとしては標準的です。

ホテルの横ですのでバス乗り場までのアプローチはゴージャスです。

 なおJR難波駅上OCATにある『湊町(OCAT)バスターミナル』と間違いやすいので注意が必要です

(両ターミナルは歩くと20分近くかかります)。

 

アクセス:(各駅の構内図は各鉄道会社のHP(『リンク1』)を参照してください)

    ・南海・・・3F北改札口を出て左へ、スイスホテルのエントランスがあるのでそこからエスカレーターで上がればバス乗り場です。

        ・地下鉄御堂筋線の場合・・・南改札から南海3Fコンコースへエスカレーターで上ると、

                      右手にスイスホテルのエントランスが見えます。→あとは上記の通り。

        ・近鉄地下鉄千日前線・・・東口から南海方面へ、あとは御堂筋線・南海と同じ。

        ・JR地下鉄四つ橋線はかなり歩きます(15〜20分以上)のでできるだけ避けてください。

     OCAT-BT経由の便があれば、『湊町(OCAT)-BT』の方が近いです。

     どうしても『なんば高速バスターミナル』を使う場合(すなわち徳島線などOCAT非経由の場合)、

     JR利用の場合は新今宮駅で南海、四つ橋線花園町以南からなら大国町で御堂筋線に乗り換えてください。

         四つ橋線四ツ橋以北の場合は極力御堂筋線の駅から乗車してください

         (例えば肥後橋駅から乗るならば、淀屋橋駅まで歩く)。

 

設備

 切符売り場・待合室・トイレ・自販機があります。コンビニは南海難波駅3F北コンコースに『アンスリー』があります。

 

『南海なんば高速バスターミナル』の乗り場地図はこちら

『南海バス』HPはこちら

 

『湊町バスターミナル(OCATバスターミナル)』の案内文はこちら地図はこちら)。

『なんば(伊丹行きリムジンバス)』乗り場の案内文はこちら地図はこちら)。

 


 

  

 

 

 南海電鉄難波駅です。歴史のあるターミナル駅で、関空・和歌山・高野山・四国(和歌山港から船)方面の電車が出ています。手前の駅ビルには高島屋大阪本店が入居しています。

 『NANKAI』の看板の奥はスイスホテル大阪南海が入居している、南海サウスタワー(これも駅ビルの一部です)が建っており、ここの5Fにバスターミナルがあります。

 こちらは、地下鉄御堂筋線なんば駅南改札です。南海乗換え客のためにあると言っても過言ではなく、大勢のお客さんがこの通路を通って乗換えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地下鉄と南海の連絡通路の地下鉄側入口です。

 階段になっています。

 地下鉄なんば駅は3路線集まっていますが、四つ橋線からはものすごく距離があります。OCATに乗り入れる路線からなら、OCATに行ったほうがはるかに楽です。

 左の写真の裏側(南海側)です。

 ここまでは人の流れに沿っていけば迷いません。

 何しろここから南に向かう客は南海に乗る客か、高島屋・なんばCITY・なんばPARKSなどといった南海関係の商業施設に行く人がほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 南海難波駅1Fの案内板です。地上&地下から来た場合、このエスカレーターに乗って3Fに上がり(3F直行行きのエスカレーターに乗ります)、右方向に向かいます。2F行きのエスカレーターに乗ってしまうと、迷います。

 南海難波駅3F、ラピート&サザンの特急券売り場の前にある案内板です。見落とすと迷います。この看板は必ず確認してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その特急券売り場の向かって右にあるスイスホテル南海大阪の3Fエントランスです。『5F バスターミナル』と小さな看板が出ています。中に入り、エスカレーターを上がれば目の前にバス乗り場があります。

 バスターミナルの構内です。バスターミナルというより高級ホテルの車寄せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  待合室(南海高速バスセンター)です。中に切符売り場とトイレ・自販機があります。

 バス停(?)の看板です。なんか次のバス停は『南海高速バスセンター』に読めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想

 ホテルの中にあるので、ラフな格好で行くと少し浮きます。少し分かりにくいので初めての人は分かりにくいかもしれません。

 なんば=OCATというイメージを持っている人が多いので(逆もあるが)、

南海バス系に関してはどちらも乗り入れる必要があるでしょう(徳島線などOCATに乗り入れない路線もあるますが)。

 自前で持っている設備としてはまずますですから、案内関係は充実させるべきでしょう。

 


  ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル紹介』へ戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る