湊町バスターミナル/OCATバスターミナル(OCAT(大阪シティエアターミナル)2F)

 (JR難波駅・近鉄なんば駅西口・なんば(OCAT))

  概要

 大阪ミナミ、難波湊町地区にある総合バスターミナルです。高速バス・空港リムジン(伊丹・関空・神戸)・団体観光バスが乗り入れます。大阪ミナミ湊町地区再開発の一環として旧国鉄湊町(現JR難波)駅ヤード跡に関西国際空港のためにCAT(シティエアターミナル=街中で飛行機のチェックイン・手荷物機内預かりが出来る施設)を設置することになり、大阪市の第三セクターによりOCAT(大阪シティエアターミナル)ビルが設置されました(その際JR難波駅をOCATビル地下に移設)。その2Fに空港リムジンおよび高速バスのために湊町バスターミナル(OCATバスターミナル)が設置されました。CATは利用不振とテロ対策のため廃止されましたが、バスターミナルのほうは乗り入れ会社が増えたことにより、大阪地区最大級のバスターミナル(唯一の総合高速バスターミナルでもある)となりました。

 

 名称:『湊町バスターミナル』が正式名称(通称『OCATバスターミナル』)ですが、乗り入れ各社によりバス停名称が違います。

    (以下特段の記載がない限り、『OCAT-BT』と表記します)

   主要乗り入れ会社の場合、

   ・西日本JRバス阪急バス(高松・丸亀線)・・JR難波駅または湊町バスターミナル(OCAT)

   ・近鉄バス・・近鉄なんば駅西口

   ・南海バス・・湊町バスターミナル

   ・日本交通・・なんば(OCAT)(関空(関西空港交通と共同運行)・神戸空港行きリムジンを含む)

   ・大阪空港交通(伊丹空港行きリムジン)・・OCAT(JR難波)

    たいていの場合後ろに『OCAT(2F)』などと説明がつきます。

       また地方バス会社の場合『大阪(OCAT)』『OCAT』『湊町(OCAT)』などまちまちです。

   なお『南海なんば高速バスターミナル』とはまったく別です(歩けば20分以上かかります)ので特に注意してください。

 

 

施設:切符売り場・待合室・コインロッカー・トイレ・キヨスク(売店)・スタンドカフェがあります。

    切符売り場は西日本JRバス阪急バスを含む)・南海バス両備バスを含む)・近鉄バス(井笠鉄道を含む)が各1ブース、

    日本交通(神戸空港行きリムジン・岐阜バス京都交通を含む)が2ブースです。

    なおJR・近鉄・南海はOCATの係員・日本交通は自社の係の方が対応されます。

       また伊丹・関空行きは自動券売機があります。

    地下1階にはコンビニ(サンクス)・マクドナルド・ドラックストア(コクミン)などがあり、

    施設内でほとんどの買い物が出来ます。

  

 

 

アクセス:各線難波(なんば)駅からの道順です。難波の西側地区になります(各駅の構内図は各鉄道会社のHPを参照)。

   ・JR・・・駅の真上ですので、そのままエスカレーターで2Fへ(但し、1Fでエスカレーターの位置が変わります。約5分ほど。)。

   ・近鉄(B2F西改札利用)・地下鉄千日前線(B2F西改札利用)・地下鉄四つ橋線(B1F北改札利用)

    ・・・B1Fに動く歩道があるのでそれを利用すると、OCAT地下1階に着くのでエスカレーターで2階へ

        (近鉄・地下鉄千日前線は改札を出た後、目の前の階段でB1Fに上ります。改札から約7〜10分ほど)。

   ・地下鉄御堂筋線(北改札利用)・・・なんばの地下街『なんばWALK』を近鉄西口改札方面へ歩き、

    そこからは上記の通りで移動する(改札から約15分)。

     なお花園町以南から来る場合、大国町で四つ橋線(同じホームで乗り換えられます)に乗り換えて

    四つ橋線なんばへ来たほうが楽です。

   ・南海・・・地下道を歩くと最低でも20分はかかります。地上のほうが若干近いですがお勧めできません。

         新今宮駅でJR大和路線JR難波行きに乗り換え、JR難波に向かったほうが楽です。

 

 『湊町バスセンター(OCATバスセンター)』の乗り場地図はこちら

なお『OCAT(大阪シティエアターミナル)』公式HPはこちらです

(乗り場案内・時刻表及び主な乗り入れ会社の問い合わせ先が掲載されています)。

主な乗り入れバス会社及び鉄道会社のHPについては『リンク集1』を参照して下さい。

なお『南海なんば高速バスセンター(南海バス・南海難波駅サウスタワー5F)』の案内文はこちら地図はこちら)。

 


 

 OCAT1F広場です。ここでストリートミュージシャンの公演も行われます。左下入り口がJR難波駅への入り口です。バスターミナルへは1F正面玄関を入り、中央エスカレーターで2Fへ上がります。

 OCATビル全景です。関空経由で大阪のゲートウェイとしての役割として建てられたのですが、目論見ははずれ、一度事実上経営破綻してしまいました(大阪市が損失補てん)。何とか経営再建はされたのですが、今やバスターミナルと、ショッピングセンター・大阪市の施設と化してます。

 千日前沿いにあるOCATの看板です。OCATよりも下二つ(JR難波駅とバスターミナル)のほうが正しい看板なのですが・・・。

 このスロープ、実は阪神高速の湊町出口で、一般道へのほかにバスターミナルにも直結しています。OCAT-BTで下車する場合、阪神高速上で準備しておかなければいけません。

 OCAT外観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 バスターミナル内部

 

  LED式の行き先表示機です。エスカレーターで1Fから上がるといやでも目につきます。北は仙台から南は鹿児島まであり、ここが総合バスターミナルだということを実感させられます。ちなみに左は近鉄バスの広告です。

  左の行き先案内の右隣にある乗り場案内です。BTが縦長の構造をしているのが分かります。リムジンバス以外は4〜8番乗り場から適時発車します。降り場専用2箇所と団体バス3箇所もあります。バス待機スペースもあります。

  ホームです。排気ガス防止のために、乗車口のほかに手荷物搬入用のドアもあります。

 ドアの上には発車表示がありますが、紙で書いた行き先案内はいただけません。

  止まっているバスです。(ちなみにシルクライナー、群馬行きです)

  団体バス用の乗り場です。ツアー客用にも乗り場があるのはある意味贅沢です。

  切符売り場兼待合室です。この付近はいつもお客さんでごった返します。切符売り場は会社別で、日本交通だけは窓口看板が立派でした。

 係の人が『○番降り場から××行きまもなく発車でーす。』と肉声で案内されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想:

やはり関空開港&バブル時設計&第三セクターなので贅沢なつくりです。案内放送も日英韓中の4カ国語なのはまるで空港にいるような気分でした。ただ、関空の伸びなやびなどで建物の内部にさびしい部分があります。ただ、総合バスターミナルとしてはサービス向上と案内さえきちんとすれば、日本NO1のバスターミナルになれるのも可能だと思います。その意味では、日本のバスターミナルの模範となってほしいものです。本来なら梅田にもこのような総合バスターミナルがほしいところですが・・・。。

要望としては、南海バス・近鉄バスはすべて乗り入れてほしいですし、JRバスも乗り入れ増やしてほしいところです。


   ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る