神姫バス三ノ宮バスターミナル(三ノ宮駅)

 

 概要:

 JR三ノ宮駅の東口からJR高架沿いを歩いて3分ほどのところにある、『神姫バス』の神戸地区のメインバスターミナルです。本社のある姫路(『神姫バス姫路バスターミナル』)と並び神姫バスの拠点となっています。

ここから出るのは

・神姫バスの近郊(三田・三木・西脇方面)路線(神戸市中心部は神戸市バスが担当しているので路線はありません。)

・淡路島・四国方面を含む高速バス(ただし、高松行と有馬温泉行はミント神戸1Fにある『三宮バスターミナル(ミントBT)』から出発)

全但バスの特急バス『神戸⇔豊岡・城崎線』と『神戸⇔湯村・浜坂線』(2008年4月15日から。降り場は阪急三宮駅前。)

・神戸市内定期観光バス、です。

 ここのバスターミナルはJRの高架下を利用しているので、入線時には公道からバックで入る、という結構アクロバットな入り方です。

 このため、乗客は、入線時(大体10分前)まで待合室で待機をし、放送があって初めてバスに誘導されますので(それまで乗り場が確定しないので案内できません)、必ず待合室にいてください。勝手に乗り場に入ろうとすると係の方に止められます(第一危険です)。

   

アクセス:(各駅の構内図は各交通機関(『リンク集1』にあります)を参照してください。)

 JR三ノ宮駅東南口(東改札口を出て右。拡大地図参照)より東(大阪方面)へ徒歩3分です。

とにかくJR高架南側(市バス乗り場横)を進んで下さい。真っ直ぐ進み、スクランブル交差点を渡れば高架下に入口があります。

 ※他の交通機関も一度JR三ノ宮駅東南口に出てください。下記は各線のJR三ノ宮駅東南口までの経路です。

・ポートライナー・・・改札の真下になります。改札右の階段で1Fへ降りてください。

・阪急・・・東改札から右折してJR西改札口を通り過ぎ、交通センタービル1Fに降りる階段の左手前ある

      ポートライナー連絡歩道橋を通り、ポートライナー改札手前の階段を降りてください。

・地下鉄西神山手線(三宮駅)・・・東改札口を出たあと左へ曲がってJR方面への階段を通り、

                    左に曲がって東コンコースを通りぬけます(または直進して中央コンコースを通りぬけ左折します)。

・阪神・・・改札を出て北(JR線方面・ホームからの階段を上って正面の改札を出て右折するか、

      階段を上ってコンコース右側の改札を出て直進)に行くと大きな階段&エスカレーターがありますので、

      地上まで上がり、そのまま右に曲がって直進します。

・地下鉄海岸線(三宮・花時計前駅)・・・地下街『さんちか』をひたすら北上し、阪神三宮駅改札まで来たあとは、阪神と同じです。

(阪急・阪神・地下鉄とも約5〜10分ほどです)。

 

※JR三ノ宮駅東南口に三宮BT(ミントBTの方)との分岐点に案内看板(写真)がありますのでそれを見逃さなで下さい。

 

 設備:(バス停名は『三ノ宮』又は『三ノ宮駅』です)

待合室・売店・切符売り場(近距離は自動券売機)という標準的な設備です。

近くにはコンビニおよびスーパー(ダイエー)があるので買い物には不便がないです。

 

その他注意点:

『神姫バス三ノ宮バスターミナル』の地図(乗り場)はこちらです。

『神姫バス』のHPはこちらです。

『神姫バス姫路バスターミナル』(神姫バスの姫路(本社)地区のメインターミナル)の案内文はこちら。

・淡路・徳島方面はJR便(本四海峡バスを含む)は三宮BT(ミント神戸1F)出発なので、特に間違いやすいです。チケットを確認のこと。

・逆に高松方面行きは神姫バス便(四国高速バスも含む)でも三宮BTからしか発車しません(三宮BT6番乗り場からの発車です)。

阪急バスとの共同運行の有馬温泉行も三宮BT(4番乗り場)からの発車です。

・ポートアイランド行き及びポーアイキャンパス線(神戸交通振興と共同運行)バスはそごう北側『三宮駅前』からの発車です。

・発車10分前までは必ず待合室で待機をしてください。発車10分前に電光掲示板で乗り場が表示され案内されます。

・到着は原則としてミント神戸北側の10・11番降り場(地図はこちら)ですので、帰りの乗り場は確認しておいてください。

   


  

 バスターミナル前の交差点です。右が神姫バスの出入り口です。スクランブル交差点になっています(ミントとダイエーを結ぶ歩道橋から撮影)。

 左は三宮BTの北側1〜3番乗り場(市バス『三宮駅ターミナル前』バス停・市バス&振興ポーアイ線が発着)及び、ミントBT唯一のバスの出口です。つまり、『三宮BT』及び『神姫三ノ宮BT』のバスはこの交差点を通る必要があります。

 一般車よりバスのほうが多い感じです。

 左に行くとJR三ノ宮駅の東改札口です(写真の上にJRのホームが見えます)。

 バスターミナルを公道から見た姿です。左側から3番目までは待合室で、3番目は待合室への入り口です(左2つは締め切り)。

 右側の待合室入り口より右側は乗り場(操車場)です。

 まさにJRの高架下にバスターミナルがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 神姫バス三ノ宮バスターミナルの看板です。

 外観はレンガで覆われているなど、どことなくレトロで、神戸の異人館を思わせます。

 ここからは、県内・県外の神姫バスの路線(高松・有馬線以外)の路線が出発します。又、定期観光バスもここからの発車です(かつて神戸市バスが運営していた(交通センタービル前から発車)のですが、神姫バスに移管されました)。

 乗り場兼操車場です。8列×前後2台分駐車できます。ポートアイランドの車庫から来た回送車には、駐車位置用の番号カードをフロントに表示してやってきます。公道には誘導の係の方が何人も待機しています。

 それでもピーク時はすべてバスは埋まってしまいます。発車・到着が重なったら大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 再びバスターミナル前の道です(ミントBT出口側から撮影、すなわち東に向かって撮影しています)。片側1車線の広くない道です。

 この先は大型バスは観光バス以外(この先に観光バスの駐車場『三宮観光バスステーション』があります。ツアーバスの乗り場は大抵ここです。)、通ることは難しいです。ここを通る市バス101系統(HAT神戸行き)も中型バスです。

 じゃあ、一体どうやってバスターミナルに入庫するかと言うと・・・。右の写真をご覧下さい。

 実は公道上をバックで入庫します。そのため、交通整理の係の方がバックで誘導します。もちろんその間、一般車は一旦止まってもらってもらいます。一般車の通行量があまり多くないので出来る業ですが、まさに神業です(運転手さんは手馴れたもんですが・・・)。

 大体ピーク時は5分ぐらいおきにこの風景が見られます。止められた車は不運だと思ってあきらめてください(実際は地元の方がほとんどですが・・・)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  こちらはもう一箇所の待合室入り口です(JR高架の真下にあります)。三ノ宮駅からはこっちのほうが近いのですが、知らずに操車場方面に行くお客さんも中にはおられます(ガードで見にくいのですが・・・)。

 この写真の撮影日がお正月でしたのでお飾りが玄関前に飾ってありました。

 

 

 待合室の中です。中は売店・待合室・トイレの他、定期&長距離便用有人切符売り場と自動券売機(県内と淡路島(淡路島線は予約制では在りません)まで対応)が在ります。

 待合室はすべての乗客が発車10分前まで待機させられているので狭いです。最近は北摂・三木方面へ通勤で使う人も増えてきたので夕方は混雑します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 改札口です。乗り場へは発車10分前まで立ち入り禁止なので、発車前には乗り場への入り口にある改札口(県内便(三田・三木・西脇方面)と淡路島・四国&長距離便の2箇所(列))に列が出来ます。ピーク時は長蛇の列になります。

 改札口の突き当たりの右側に乗り場への入口があり、改札を開始した後、中に誘導されます。

 待合室にあるLET式行き先表示器です(改札口の前にもあります)。

 乗り場の番号表示=改札開始の合図になります。それまでは待合室に待機となります。第一10分前まで、乗り場がどこか乗客にはわざと分からないようにしているのですから・・・。そうしないと、バス乗り場は入出庫でかなり危ないので、危険防止のためにそうしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 こちらは、ミント神戸北側にある降車場(10・11番降り場、手前が11番です)です。三宮BT開業前からありました。神姫バスと神戸市バス専用です。

 神戸市バス29・101系統と共通(64系統は『三宮駅前(中央幹線東行上の路上)』が終点)ですが、圧倒的に神姫バスのほうが多くなってしまいました。

 実際に停まっている三ノ宮どまりの神姫バスです。乗り場と降り場が違ってくるので、往復利用する場合は帰りの乗り場を確認しておく必要がありますが、案内はありません。

 まあ、ここから神姫BTは見えているのですが、間違えてミント1Fの待合室に行ってしまうと大変です。そのため長距離便など一部の便はわざわざ空いている神姫BTの乗り場で降ろすことがあります。誘導員は大変ですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


発着路線

(一般路線)

 ・三田方面行き ・三木方面行き ・西脇方面行き

 ※有馬温泉行き(阪急バスと共同運行)は『三宮BT(ミント神戸1F)』4番乗り場からの発車です(『神姫三ノ宮BT』には停まりません)。

 

(昼行高速バス路線(愛称:『ハーバーライナー』))

・淡路島方面路線

※すべて淡路交通(淡路交通の愛称は『淡路エクスプレス』)との共同運行・一部神戸空港始発、

高速舞子BS(神戸発は乗車のみ)停車(一部通過))

 ・津名港経由洲本高速バスセンター行き

 ・陸の港西淡経由福良行き

 ・北淡IC経由五色BC・高田屋嘉兵衛公園行き

・四国方面路線(すべて高速舞子BS(神戸発は乗車のみ)停車)

 ・高速鳴門・松茂経由JR徳島駅行き

  ※徳島行きは日本生命ビル前(バス停名は『阪神三宮駅』)経由(乗車のみ)・徳島発は日本生命ビル前止まり。

  (阪神電鉄バス(『サラダエクスプレス』)・山陽電鉄バス(『すだち120』)・徳島バス(『エディ』)との4社共同運行)

 ・鳴門西経由阿波池田BT・井川(四国交通前)行き

  学園都市駅前経由(神戸発は乗車のみ・神戸行きは降車のみ)。

  (神戸山陽バス(山陽電鉄グループ)(『阿波やまびこライナー』)・四国交通(『しこくさぶろうエディ号』)との3社共同運行)

 ・伊予鉄松山市駅行き

  (伊予鉄道との共同運行)

 ・JR高知駅行き

  (土佐電気鉄道・高知県交通との共同運行)

 ※鳴門西・高松中央BT経由JR高松駅・丸亀BC行き

              ・・・JR新神戸駅始発、『三宮BT(ミント神戸1F)』6番乗り場からの発車です(『神姫三ノ宮BT』には停まりません)。

  (四国高速バス(『さぬきエクスプレス神戸号』)・西日本JRバス/JR四国バス(『高松エクスプレス神戸号』)との4社共同運行)

・中国地方路線

 ・岡山駅前(ワシントンホテル前)経由倉敷駅北口行き

  (中鉄バス(『ハーバープリンス』)との共同運行・神姫バス便(1往復・朝神戸発・夜神戸着)は兵庫県内高速BSにも停車(乗降可))

 ・中筋駅経由広島BC行き

  (広交観光(広島交通グループ)(『神戸エクスプレス』)との共同運行)

 

(夜行高速バス『プリンセスロード』・長崎行きは『神姫姫路BT』経由/東京行きは『神姫姫路BT』始発)

 ・東京(渋谷マークシティ経由新宿高速BT)行き(京王バス東(京王電鉄バスグループ)と共同運行)

 ・長崎(長崎新地BT)行き(長崎自動車(長崎バス)(長崎バスの愛称:『エトランゼ』)と共同運行)

 

全但バス特急バス(2008年4月15日より。降り場は阪急三宮駅前、途中『神戸県庁前』『箕谷』にも停車。)

 ・豊岡・城崎温泉行『かに王国号』

 ・湯村温泉・浜坂行『夢千代号』

 

 


『三宮の他の主なバスターミナル』(非常にまぎわらしいです。乗車時にはチケット含め確認してください)

 

『三宮バスターミナル(ミント神戸1F)』・・・西日本JRバス・日本交通・フットバスが中心です。(地図はこちらです)。

『神戸三宮(日本生命ビル前)』・・・阪神電鉄バスが中心です。(地図はこちらです)。 

全但バス『神戸三ノ宮(阪急三宮)』・・・城崎・湯村方面行乗り場(地図はこちらです)。2008年4月15日より降り場専用になります。

『神戸・三宮(伊丹&関空行リムジンバス乗り場)』・・・(地図はこちらです)。

  ・伊丹行き運行会社・・・大阪空港交通・阪神電鉄バス

  ・関空行き運行会社・・・大阪空港交通・阪神電鉄バス・関西空港交通

 

  ※なお各バス会社のHPは『リンク集1』参照

 


 感想

 主な感想は『三宮バスターミナル物語』に記していますので、こちらをご覧下さい。

 とにかくミント1F・三宮BTとまぎわら過ぎます。統合が無理なら、せめて誤乗防止策は念入りに行うべきです。

 あと、県外便は帰りのためにも乗り場で下ろしたほうがいいと思います(実際やっている便もありますがバラバラです)。


   ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

←『TERMINAL(HOME)』へ戻る