JR徳島駅(JR四国バス・本四海峡バス・徳島バス)

概要

 徳島県の県庁所在地、徳島市の玄関口、JR徳島駅前にあるバスターミナルです。徳島市内のバスは『徳島バス』(南海電鉄グループ)を中心に徳島市営バスの他、小松島市営バス(HPは『小松島市』HPからリンク)も市境を越えて徳島駅まで乗り入れてきます(徳島県にはこのほかに鳴門市営バスもあります(徳島市内には乗り入れません))。

 徳島駅バスターミナル明石海峡大橋開業までは上記の3事業者がメインで、高速バスもほとんどありませんでした。それまでは徳島バス淡路交通が共同で津名港(当時津名町。現淡路市)〜徳島線(現在もありますが、現在は淡路交通単独運行で区間もほとんどが洲本高速BT〜徳島駅間になってしまいました。)と徳島〜高松間に国道11号線経由の都市間バス(徳島バス大川自動車の共同運行。現在は高松自動車道に載せ換えになっています。)ぐらいでした。

 1989年、徳島バスが徳島駅〜東京(品川BT・浜松町BT)間に初めて夜行高速バス(京浜急行電鉄(現京急バス、当時は直営)と共同運行)を開設しましたが、これは大磯〜須磨間を淡路フェリー(フェリー内は船室利用)を利用するものでした。

 

 1997年(明石海峡大橋開通直前)の徳島から大阪・神戸方面への公共交通機関は

(1)大阪(天保山)か神戸(中突堤)から徳島港まで高速艇。

(2)南海電車で難波駅から特急『サザン』(又は急行)で和歌山港駅まで行き、船(フェリー又は高速艇)で

徳島港又は小松島港へ渡る。

(3)大阪(天保山)か神戸(中突堤)から高速艇で津名港に渡り、そこから上記の高速バスを利用する。

(4)大阪(南海なんば高速BT・ホテル阪神(現ハービスOSAKA))・神戸(三宮日生ビル前)から淡路フェリー(須磨〜大磯)

利用の高速バスを利用する。

(大橋開通直前に開設されました。南海電鉄(現南海バス、当時は直営)・阪神電鉄バス徳島バスの共同運行。

フェリー区間は法律上、乗客はバスから降ろされてフェリーの客室に移動となりました。)

(5)伊丹空港から徳島空港まで飛行機(こんな短距離でもJAS(日本エアシステム(当時))が就航していました)。

でしたが、いずれも不便でした。もちろん鉄道利用となると高松・岡山廻りとなり、時間がかかりすぎました。

 

 1998年4月5日、明石海峡大橋が開通し、翌6日より徳島から阪神地区に向けて高速バスが新設、及び既存路線のフェリー→大橋への載せ換え、などが行われ、本格的に高速バス時代に突入しました。

 

 ここで新たな問題が発生しました。JRバス西日本JRバス・JR四国(現JR四国バス、当時は直営))及び廃止になる航路の船員の再就職対策で設立された『本四海峡バス』(3社で『JR本四バスグループ』を構築)の参入です(本四海峡バスの徳島線はあとから参入)。

 徳島バスにとってはいきなりのライバルの出現となりました。共同運行も模索されたのでしたが、バス事業が自由化の動きになっていたため、結局大阪・神戸線については『ダブル・トラック』(同じ区間の2系統の路線が競合すること。当時運輸省(現国土交通省)は夜行高速バスについてはダブル・トラックを認めていたが、昼行便については極力共同運行を進めていた)になってしまいました。

 それでも専用の高速バスターミナル(待合室)は設けられたのですが、ダブル・トラック故、切符売り場が別々になってしまいました

(JRバスが徳島駅の『みどりの窓口』(その後、駅と高速バス乗り場の間に、JR四国バス専用窓口『JR四国バスプラザ』が設置されました)、徳島バスが『とくしまCITY』1Fの『徳バス観光サービス』での発売)。

 さらに、四国内の高速道路の整備により、高速バス路線が増えるにつれ、徳島バスの一般路線バス乗り場からの発車路線が増え、JR四国バス徳島バスとの共同路線と競合路線が行き先によって入り混じるということも発生し、とてもややこしい路線網と乗り場になってしまいました。それでも高速バスは徳島県民にとって無くてはならない存在になりました。

 現在も『JR四国バス』及び『徳島バス』がここをメインに路線を開設しています。

 

 

アクセス・乗り場:(徳島駅の構内図は『JR四国』のHPを参照してください)

 JR徳島駅の目の前です。改札は1箇所だけですので、改札から3分もあれば乗り場につきます。駅前ロータリー式です。

 乗り場は2つあり、

 ・駅左の『とくしまCITY(かつて南海グループだったので、この名が付きました。)』前の

  『徳島駅前高速バスターミナル乗り場場所はこちら)』

 ・駅前ロータリー真ん中のバス島の『徳島バス路線バス乗り場場所はこちら。ここから一般路線も出ます。)』

があります。

 なお、降り場は駅前ロータリー降車場(場所はこちら)になります。

 

 

設備

乗り場

 ・『徳島駅前高速バスターミナル乗り場』には待合室・案内所(切符は買えません)・大阪・神戸方面の自動券売機

  (この券売機で発行された切符はJRバス・徳島バス系どちらでも乗れますが、空席があることが前提です。)があります。

 ・『徳島バス路線バス乗り場』には案内所がありここで徳島バスの切符は買えます(但し現金のみ)。

  あとはコンクリートの上屋とベンチのみです。

切符売り場

・『JRバス系』・・・(1)徳島駅内の『みどりの窓口』・『ワーププラザ』(ちなみに全国のJR駅の『みどりの窓口』でも購入できます。)

           この場合、TEL及びネット予約(『高速バスネット』・『発車オーライネット』)した分の発券は出来ません。

           (2)徳島駅を出て左にある『JR四国バスプラザ』(地図はこちら

           この場合、

           ・TELで直接予約センターに予約した分の発券(ドリーム号は前日まで)

           ・『高速バスネット』で予約した分の発券・変更・キャンセル

           ・『発車オーライネット』で予約した分の発券(コンビニで発券した分の変更・キャンセルは不可です)

           が出来ます。

           ※なお、本四海峡バス運行の関空線の発券は(1)・(2)どちらも出来ません(徳島バスの窓口のみです)。

・『徳島バス系』・・・(1)『徳島バス路線乗り場』案内所(現金のみ)

            (2)『とくしまCITY』1F『徳バス観光サービス』(クレジットカード可)

            どちらも『発車オーライネット』で予約した分の発券が出来ます。

※なお2社共同運行の場合、基本的にはどちらでも購入可ですが、『高速バスネット』の場合は『JR四国バスプラザ』のみです。

 

 

運行路線

●『徳島駅高速バスターミナル』からの発車(『松茂』及び『高速鳴門』(『オリーブ号』は通過)に停車(四国発は乗車のみ)します。)

『JR四国バス』の運行

 ・『阿波エクスプレス大阪号』

  (高速舞子BS又はJR難波駅(OCAT)経由大阪駅桜橋口行き)

  (※一部大阪駅桜橋口経由USJ行き、曜日により一部大阪駅桜橋口経由JR奈良駅まで延長)行き)

 ・『阿波エクスプレス神戸号』

  (高速舞子BS三宮BTJR新神戸駅経由神戸空港(一部JR新神戸駅発着)行き)

 (以上西日本JRバス/本四海峡バスとの共同運行。)

 ・『ドリーム徳島号』(JR阿南駅始発、新宿駅(新南口)経由東京駅(八重洲(日本橋)口)行き、JRバス関東と共同運行。)

 ・『オリーブ松山号』(JR松山駅始発/JR高松駅経由、名古屋駅(名古屋BT)行き、JR東海バスと共同運行。)

 ・『オリーブ高知号』(JR高知駅始発、名古屋駅(名古屋BT)行き、JR東海バスと共同運行。※季節運行(G.W.・お盆・年末年始

 

『JR四国バス』『徳島バス』の共同運行

 ・『阿波エクスプレス京都号』

 (京都駅中央口八条口アバンティ前には行きません)行き、西日本JRバス/本四海峡バス/京阪バスとの5社共同運行。)

 

『徳島バス』の運行(『徳島バス』の高速バスの愛称は原則『エディ』です)

 ・大阪(阪急梅田三番街BT/ハービスOSAKA経由USJ又は南海なんば高速BT行き(一部ハービスOSAKA止まり))

        (阪急バス(愛称『パールエクスプレス徳島』)/阪神電鉄バス(愛称『サラダエクスプレス』)/南海バス(愛称『サザンクロス』)

          との共同運行。一部便は高速舞子BSに停車します。なおこの系統は湊町BT(OCAT)は経由しません。)

 ・神戸・三宮(高速舞子BS経由、三宮行きは日本生命ビル前(バス停名は『阪神三宮駅』)止まり、

                 徳島行きは神姫三ノ宮BT始発日本生命ビル前経由。)

        (神姫バス(愛称『ハーバーライナー』)/阪神電鉄バス(愛称『サラダエクスプレス』)

         /山陽電鉄バス(愛称『すだち120』)との共同運行。)

 ・神戸・学園都市駅前高速舞子BS経由、神戸山陽バス(山陽電鉄バスグループ/愛称『すだち90』)との共同運行。)

 ・東京(『ミッドナイトエディ号』、渋谷マークシティー・浜松町BT経由品川BT行き、京急バスとの共同運行。

     淡路島(志知・東浦IC(徳島発は乗車のみ))にも停車。※増車便(3台以上)は『徳島バス路線バス乗り場』から発車。)

 

●『徳島バス路線バス乗り場』からの発車

『徳島バス』の運行

 ・奈良(奈良交通(愛称『やまと号』)との共同運行。)

          松茂・小鳴門橋→大阪(JR天王寺駅)・近鉄学園前駅(朝徳島行・夕徳島発のみ停車)・近鉄新大宮駅

     ・JR奈良駅近鉄奈良駅経由天理駅行き(夕方便は近鉄奈良駅止まり)。

 ・枚方(愛称『あわとくしま号』、京阪バスとの共同運行。

     松茂・高速鳴門・淡路島(志知・洲本IC・津名一宮IC・東浦IC)→

     大日駅・京阪寝屋川市駅経由京阪枚方市駅行き。

 ・名古屋(名鉄バスとの共同運行。昼行&夜行各1往復。※全便金・土・休日・休前日・繁忙期運行。)

     松茂・高速鳴門・淡路島(志知・洲本IC・東浦IC)→栄BT名鉄BC行き)。

 ・広島(愛称『あわひろしま号』、広交観光(広島交通グループ)との共同運行。

     松茂・鳴門西→中筋駅経由広島BC行き)。

 ・高松(愛称『高徳エクスプレス』、大川自動車(バス)との共同運行。)

     松茂・鳴門西→高松中央IC経由JR高松駅行き。

 

『徳島バス』『JR四国バス』との共同運行(徳島自動車道BS・・上板・土成・阿波・脇町・美馬・三好各BS)

 ・岡山・倉敷(愛称『徳島岡山エクスプレス号』、中国JRバスとの共同運行。)

     松茂・鳴門西→岡山駅前(ワシントンH前)・天満屋BC経由倉敷駅(北口)行き。       

 ・松山(愛称『吉野川エクスプレス』、伊予鉄道との共同運行。)

     徳島自動車道各BS→三島・川之江IC(乗降可)→伊予鉄松山市駅経由JR松山駅行き。

 ・高知(愛称『高知徳島エクスプレス』、土佐電気鉄道/高知県交通との共同運行。)

     徳島自動車道各BS→はりまや橋経由JR高知駅行き。

     

『淡路交通』の単独運行(徳島側営業業務は『徳島バス』が担当)

 ・洲本高速BT(一部津名港)行き(松茂・小鳴門橋(特急便は高速鳴門)経由)。

 

・『関西国際空港行きリムジンバス』(徳島バス/本四海峡バス/南海バス/関西空港交通との共同運行。)

  松茂・高速鳴門・淡路島(志知・洲本IC・津名一宮IC・東浦)経由(乗車のみ)

 

その他

・コンビ二他は駅前ですので、買い物には困りません。

・徳島県内で停車する『松茂(『バスの駅とくしまとくとくターミナル』)』

『高速鳴門(神戸淡路徳島自動車上)/小鳴門橋(徳島バス鳴門営業所)』『鳴門西(高松自動車道上)』BSには、

パーク&バスライド用駐車場があります。

 

 

関連HP

『徳島駅前』の地図(中心点は改札口)はこちら

『JR四国バス』のHPはこちら。/・『本四海峡バス』のHPはこちら

 ・『JR高松駅』(JR四国バス香川地区のメインターミナル)の案内文はこちら。

 ・『JR松山駅』(JR四国バス愛媛地区のメインターミナル)の案内文はこちら。

 ・『JR高知駅』(JR四国バス香川地区のメインターミナル)の案内文はこちら。

 

『徳島バス』のHPはこちら。/『淡路交通』のHPはこちら 


 

 

 

 JR徳島駅です。1993年に現在の駅舎に建て替えられました。駅舎は立派で、お客さんもJR四国の中では多いのですが、電化はされておらず、現在でもディーゼルカーで運行されています。

 JRの主要駅では鉄道より高速バスのほうが重要になっている珍しい駅です。

 

 駅舎内にはホテルやショッピングセンターが設けられています。お土産を買うには好都合です。

 改札口です。目の前に停まっている列車は高松経由岡山行き特急『うずしお』です。徳島駅に定期特急が来たのは瀬戸大橋が開通した1988年と都道府県所在地(那覇を除く)の中では一番遅い(奈良駅は1965年頃に2年ほど特急『あすか』(名古屋〜東和歌山(現:和歌山))が存在した)駅でした。

 理由は当時の四国の列車は高松駅が基点となっており、高松〜徳島間の距離が短かったからで、代わりに急行『阿波・むろと』で結ばれていました。今でもどこかのどかな雰囲気ですが、この駅も高架化の予定があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 改札を出た風景です。『高速バスきっぷうりば』と書かれた看板がありますが、これは『みどりの窓口』です。JRバスは『みどりの窓口』で買える路線が多い(但し電話・ネット予約は不可)ので、今のうちに買っておいてもらい、JRバスに乗ってもらおうという戦略です。ちなみに駅出口に『(左)高速バス乗り場』の看板があり、出て曲がったところに『JR四国バスプラザ』があります。

 徳島バスの切符うりばはその先の『徳バス観光サービス』が最初なので、2段階構えでJRバスの切符うりばが存在します。乗り場は東京・京阪神線は駅を出て左、その他の路線は駅を出て正面の徳島バス一般バス乗り場に向かいます。

 駅を出てすぐ左にあるJR四国バスの徳島地区の拠点『JR四国バスプラザ』です。ここでは『高速バスネット』の引換指定場所になっており、予約センターに直接した分及びネットで予約した分の発見もできます。

 中はこじんまりしているのですが、各路線のパンフレットが置いてあり、『みどりの窓口』と違って、高速バス専門の係員の方ばかりなので、詳しく聞くことが出来ます。

 乗り場は、写真の右の方に向かい、ライバルの『徳バス観光サービス』の前を右に曲がると、乗り場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅ロータリー東(駅を出て左)にある『とくしまCITY』です。名前の通り、かつては南海グループでしたが、現在は南海は経営から手を引いています。

 

 このビル1Fに徳島バスの切符うりば『徳バス観光サービス』、ビルの目の前に『徳島駅前高速バスターミナル乗り場(京阪神線・東京線及びJRバス名古屋線が乗り入れ)』があります。

 とくしまCITY1F角にある『徳バス観光サービスです』。高速バスターミナルにも近く、看板が思いっきり目立つのですが、JR駅から来た場合、すでに上記のJRバス切符うりばを2箇所通過しているので、すでにJRバスの切符を購入されている恐れがあり、買ってもらえるか心配です。

 

 逆に高速バス乗り場からはこっちのほうが近いので、時間が合えば、こっちのほうが便利なのですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 『徳島駅前高速バスターミナル乗り場』です。明石海峡大橋開業に伴う高速バスのターミナルとして誕生しました。京阪神線(JRバス・徳島バス共用)とJRバス『ドリーム徳島号(東京行き)』・『オリーブ松山号(名古屋行き)』と徳島バス『ミッドナイトエディ号(横浜・東京行き)』が発着します。

 乗り場は2バースあり、行き先により停まる場所を分けています。JRバス・徳島バスとも同じ行き先の同時刻発車は避けています。『ミッドナイトエディ号』は3台以上の運行になった場合、3号車以降は『徳島バス一般バス乗り場』からの発車です(超繁忙期で6台以上になった場合は1・2号車が出発したあとに6・7号車が入ってきます)。

 バスターミナルの入口です。

 結構こじんまりしています。

 バスが重なると、すぐ一杯になるような広さです。

 待合室はあるのですが、すぐに埋まります。

 

 キャパ的には、京阪神線&夜行便で限界です。

 

 徳島バスが、他の路線を一般バス乗り場に回さざるを得なくなったのも分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待合室です。一応冷暖房は完備されています。ただ、扇風機が取り付けられているということは、最初あまり冷房が効かなかったと思います。

 後には時刻表とバス乗り場の案内がが張られています。

 窓にはイラスト入りで『徳島バス一般バス乗り場』から発車する路線の案内が張られていました。

 時刻表(その1)です。左側から、『高速舞子経由大阪・奈良行き(JR・徳島バス混合(奈良行きはJRバス季節便です)』・『(徳島バス)学園都市駅前行き』・『(徳島バス)三宮行き』・『(JRバス)三宮BT・新神戸駅方面行き』/『JR難波駅(OCAT)経由大阪駅桜橋口行き』・『徳島バス(大阪(阪急三番街BT・ハービスOSAKA・南海なんば高速バスターミナル行き』の順番です。

 下は夜行バス4路線の時刻表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻表(その2)です。左から『京都駅中央口行き(この路線のみJR・徳島バス共同運行)』・『夜行バス(重複掲載ですが、こっちは運賃表が入っています)』/『京阪神線路線図』です。

 行き先でJRバスグループ・徳島バスグループと分かるのですが、『ダブル・トラック』を知らない人は共同運行していると思われてしまいます。

 乗り場に出るドアの上にあるLED式の発車表示機です。

 さすがにJRバスグループ・徳島バスグループ(京都行きは共同)と書かれているので、次がどのバスか分かりますが、バスは基本的に指定席制なので、これを見て、各該当の切符うりばに走ることになります。

 舞子・三宮・梅田・難波とも停まる場所は違いますが(舞子は同じ)、極端に歩けない範囲じゃないのでどれに乗るか迷います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神戸・大阪線専用の自動券売機です。これで買った切符はJRバスグループ・徳島バスグループどちらでも乗れますが、空席があることが条件なので、閑散期の発車直前じゃないと使えません。どこかにその日の空席情報を書いておけばいいのですが・・・。

 

 案内所はありますが、行き先を教えるくらいで、切符は売ってくれません。恐らく共同運行を見越して切符売り場として設置したのでしょうが・・・。

 

 大阪駅桜橋口行きの西日本JRバスです。

 基本的に行き先によってバスの停車場所を決めています(行き先看板が取り付けられています)ので、例えばこの場合、南海なんば高速BT行きの徳島バスグループも、同じ場所に停車します。

 JRバスグループと徳島バスグループが同じ時刻に同じ行き先にするのを避けているのは、この為です。利用客にとっては幅を持たせられて、過度な客引き(例えば5分前に出発するダイヤを組むと、後の便はがらがらになってしまいます。)が避けられるのが救いですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは駅前ロータリー前にある『徳島バス一般路線バス』乗り場です。徳島バスの他、徳島市営バスと小松島市営バスの乗り場も設けられています。

 

 徳島バスの一般路線バスに混じって、京阪神&首都圏夜行バス以外の高速バスもここからの発車です。知らないお客さんは京阪神線の乗り場に行く恐れがありますので注意が必要です。

 『高速バスターミナル(京阪神線のほう)』から見た『一般バス乗り場』です。間に公園みたいなスペースが設けられています。

 徳島バスの乗り場の向こうに『徳島市営バス』の乗り場があり、市内は市営バス、郊外は徳島バスと分かれています。

 なお『小松島市営バス』乗り場は『徳島バス路線バス』乗り場の一番南端(7番乗り場)になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 徳島バス4番乗り場の附近にある徳島バスの案内所です。ここでは京阪神線・『ミッドナイトエディ号』を含めて徳島バスのすべての高速バスの切符が買えます(電話や『発車オーライネット』で予約していている分もOKです)。

 但しここではクレジットカードが使えませんので、クレジットカード使用の場合は『徳バス観光サービス』で買うことになります。

 5番乗り場です。乗り場数字の下にシールで『高速バス/関西空港・松山・奈良』と張られています。本来の乗り場案内板にはローカル便の行き先が書かれています。

 

 恐らく、取替えが間に合わなかったのでしょうが、それにしても見にく過ぎます。せめてもう少し大きく書いて欲しいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般路線バスに取り付けられている高速バス乗り場表示板です。基本的に高速バスは3または5番(季節運行の徳島バス名古屋行きは4番)乗り場からの発車です。恐らく徳島バスは島内路線用に設置したのでしょうが、路線数が増えたのにもかかわらずこちらもシール対応です。せめて、1回案内板を取り替えて欲しいところですが(特に同じ京阪神方面の奈良・枚方線は誤乗の元です。)・・・。

 なお、淡路島線(洲本・津名行き)は『淡路交通』単独運行ですが、かつて『徳島バス』との共同運行だったこともあり、徳島バスの他の路線と同じように扱われています。

 こちらは駅ロータリー西側にある高速バス降車場です。こちらはJRバスグループ・徳島バスグループとも共用しています。

 ただ、本数が多いので、次から次へと高速バスがやってきます。ちなみに一般バスの降り場は、この降り場の南側(写真の撮影場所)になります。

 タクシーや自家用車とも合わせて、全体的にやや狭い感じの駅前ロータリーという状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想

 中途半端な『ダブル・トラック』となって利用者不在になった典型的な例です(淡路島線もそうですが)。恐らく、行政としては徳島バスとJRバスが共同運行で運行するという前提で高速バスの乗り場の整備をしたと思われますが、ダブルトラックになったことによって、阪神方面の乗車券を買うとき、時刻表を持って『JR四国バスプラザ』と『徳バス観光サービス』を右往左往する羽目になってしまいました。

 時刻に関してはなるべく合わせるようにしているように思われますが、これでは、いっそのこと、乗り場も待合室も別にして、客引きしていたほうがましです(但しそれをすると一方が倒産する危険性(仙台〜福島・山形間のように大手既存業者と新規参入業者が泥沼の競争になって一方(新規参入した方)が倒産する羽目になってしまった例があります。)があるのですが・・・)。

 さらに、高速バスが予想以上に好調のため多くの路線を開設した結果、徳島バスの一般バス乗り場まで高速バスが乗り入れする羽目になってしまい、これも混乱に拍車を掛けています(特に奈良&枚方線は同じ関西方面でも乗り場が別になっています)。

 

 本来なら、駅前広場を大改造してJRバスと徳島バスの乗り場を分離して、高速バスターミナルを新たに設けたほうが良いのですが、何しろ徳島市自体が市営バスを持っているので、調整に難航するのは必至です。しかし今のままでは不便すぎます。せめて、洲本高速BT見たいに乗り場と待合所は同じ、切符売り場のみ隣接する形のバスターミナル(これなら、次に来るバスの窓口に並べばいいので、右往左往せず、まだましです)に改造したほうがいいと思います。それ以前に駅前広場が狭すぎます。

 

 鉄道が発達していない徳島県だからこそ(だからJR各社で一番経営基盤が弱いJR四国が、他のJR各社以上に高速バスに(子会社のJR四国バスという形で)力を入れている)、主力となる高速バスの使い勝手においても、全国の模範になって欲しいものです。

 そもそもは明石海峡大橋が道路単独橋(本来は瀬戸大橋みたいに鉄道・道路併用橋の予定でした。大鳴門橋は併用橋になっていますが、このままでは鉄道部分が無駄になってしまうので、遊歩道にするなど新たな活用策が必要ですが。)になった時点で、高速バスが鉄道の代わりになるのが確定していたのですから。


←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜西日本地区』に戻る

 

 ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る