おおさか東線(放出〜久宝寺)開業(2008・3・15)

・その2.高井田中央駅・JR河内永和駅 

 2008年3月15日それまでの城東貨物線(南線)を複線電化&旅客化して、新しく『おおさか東線』が開業しました。

『大阪外環状鉄道』が第3種鉄道(線路施設を保有)、JR西日本とJR貨物が第2種鉄道(実際に運営)として開業しました。

開業日の様子をレポートします。

 


おおさか東線(放出〜久宝寺)開業TOPへ


←その1.放出駅へ


その1

(放出)

その2

(高井田中央・JR河内永和

その3

(JR俊徳道・JR長瀬)

その4

(正覚寺信号場・新加美)

その5

(久宝寺)

その6

(おまけ)


高井田中央駅

 地下鉄中央線『高井田』駅との連絡駅の『高井田中央』駅です。住所は大阪府東大阪市です。JR大和路線に『高井田』駅(大阪府柏原市)があるので、駅名が注目されましたが、結局中央大通りと交差するということで、この駅名になりました。おおさか東線の駅名標は写真の吊り下げ式と柱に埋め込み式の2種類があります。ホームは島式1面2線です。

 隣の駅名は『じぇいあーるかわちえいわ』とわざわざJRをひらがなで書かれています。

 おおさか東線はすべて高架式の駅です。

 ホームに上る階段&エスカレーターにはホームにガラス製の風除けが設置されており、このように毛筆体で駅名が書かれています。ちなみに帯の色は各駅とも違います。

 なんか全体的に『和』の雰囲気を出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おおさか東線の新駅は駅員は必要最小限で運営されるよう設計されています。改札口には駅員不在時に備えて、このようにインターホンが設置されています。

 阪神電車などではよく見かけますが、JR西日本の大阪都市圏では恐らく初めてだと思われます。将来は完全無人化も視野に入れているかも知れません。

 このように、駅員が少ないので、新駅には『みどりの窓口』がありません。その代わり、各駅には『みどりの券売機』が設置されました(右端の券売機)。確かに高性能の性能を持っていますので、使いこなせれば便利ですが、使いこなせなければまごつきます。あと学割乗車券&通学定期券(新規)は当然買えません・・・(通勤定期券と継続の通学定期券は買えます。)。 この日はこの券売機で記念の乗車券を買おうと各駅とも『みどりの券売機』は長蛇の列でした。案内用に係の人はいましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高架橋にある『高井田中央』駅の駅名表示です。ここも毛筆体でかかれています。駅の南側に中央大通りが走っており、一般道(国道308号)が高架線の下をくぐり、阪神高速13号東大阪線が高架線の上をまたぎます。ちょうど写真の左側です。

 右は中央大通りの下を走っている、地下鉄中央線『高井田』駅への連絡階段です。

 こちらは新設された駅前広場です。タクシー乗り場は新たに設置されました。ただバス停は元々バス路線がありませんので、ありません。東大阪市は市内4駅(高井田中央〜JR長瀬)に駅前広場を作る計画ですが、開業に、間に合ったのは、高井田中央とJR長瀬のみです。

 こっちの駅名表示はゴシック体です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地下鉄『高井田』駅への入口です。

 ここで中央線に乗り換えれば、大阪の中心部の本町まで一直線なので、結構乗換え客が多いです。ちなみにコスモスクエア(ベイサイド)や奈良学研登美が丘(関西学研都市)にもいけます。

 恐らく今まで近鉄→御堂筋線利用客が流れてきたと思われます。

 

 元々貨物線を高架&複線電化して旅客化したので、貨物列車も堂々とやってきます。写真は百済貨物駅(JR大和路線『東部市場前』駅に隣接)行きの貨物列車です。

 折角電化したのでディーゼル機関車(DL、写真はDD51)ではなく電気機関車(EL)で、と思われますが、まだ百済貨物駅が非電化ですので、DLのままです。梅田貨物駅の機能が一部百済貨物駅に移転するのでその時に電化されますが、それまではDL牽引のままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


JR河内永和駅

 『JR河内永和』駅の駅名表です。近鉄『河内永和』駅と区別するために『JR』がつきました。

 近鉄奈良線との乗換駅です。しかし、近鉄奈良線も各駅停車しかとまりませんので、乗換え駅の効果は疑問です。ちなみに次の『JR俊徳道』駅でも近鉄(こちらは大阪線)に乗り換えられます。ちなみにJR河内永和〜JR俊徳道まではわずか0.6kmです。歩いても10分ほどです。

 毛筆体バージョンの『JR河内永和駅』看板です。

 上は近鉄奈良線です。元々城東貨物線の築堤をコンクリートの高架橋にしたので、下をくぐる形になってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは近鉄奈良線『河内永和』駅です。さすがにこっちのほうが乗降客が多いです。

 駅前は駐車場が雑然としていて、再開発されていません。将来は駅前広場が出来ますが、どうなるか未定です。

 『JR河内永和』駅から見た近鉄『河内永和』駅です。

 乗換えは2〜3分もあれば出来ます。なお、俊徳道を含めておおさか東線⇔近鉄連絡乗車券は発売されていません(鶴橋連絡のみです)。

 なお『近鉄布施駅』はこちら、の表示がありました。ここからなら、歩いたほうが早いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その3.JR俊徳道駅・JR長瀬駅へ→


その1

(放出)

その2

(高井田中央・JR河内永和)

その3

(JR俊徳道・JR長瀬)

その4

(正覚寺信号場・新加美)

その5

(久宝寺)

その6

(おまけ)


おおさか東線(放出〜久宝寺)開業TOPへ 


←『HELLO!!NEW RAILWAY』へ

 

←『RAILWAYS(鉄道の部屋)』に戻る

 

←『"YAKUMOBUS NET" TERMINAL(HOME)』に戻る