おおさか東線(放出〜久宝寺)開業(2008・3・15)

その5. 久宝寺駅

2008年3月15日それまでの城東貨物線(南線)を複線電化&旅客化して、新しく『おおさか東線』が開業しました。

『大阪外環状鉄道』が第3種鉄道(線路施設を保有)、JR西日本とJR貨物が第2種鉄道(実際に運営)として開業しました。

開業日の様子をレポートします。 

 


おおさか東線(放出〜久宝寺)開業TOPへ


 ←その4. 正覚寺信号場・新加美駅へ


その1

(放出)

その2

(高井田中央・JR河内永和)

その3

(JR俊徳道・JR長瀬)

その4

(正覚寺信号場・新加美)

その5

(久宝寺)

その6

(おまけ)


久宝寺駅

 

 JR久宝寺駅です。大阪府八尾市にあり、JR大和路線と接続しています。駅名標のラインカラーは大和路線に合わせて『緑』です。島式2面4線です。

 おおさか東線は真ん中の待避線を使用します。2番線が放出からの到着、3番線が放出方面への発車線です。久宝寺駅は大和路線の大和路快速・区間快速と普通の乗換え駅です。快速が2・3番線を使うので、その間を縫っておおさか東線の電車が入ってきます。

 こちらは1・4番線側の駅名表です。『しんかみ(新加美)』の表示がありません。

 おおさか東線開業前は大和路線の本線側の1・4番線側に快速、待避線側の2・3番線に普通がとまっていました。

おおさか東線開業時から2・3番線におおさか東線の電車を入れるため、停車時間の長い普通を1・4番線に、すぐ発車する快速を2・3番線に停車する快速を2・3番線に停車知ることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大和路線奈良方面&おおさか東線到着(1・2番線)ホームです。

 おおさか東線は奈良方面に線路がつながっているので、天王寺方面へは、階段を使って反対方面のホーム(3・4番線)に向かうことになります。天王寺方面から放出方面へも同じです。

 2Fコンコースにあるおおさか東線乗り場案内(3・4番線)です。天王寺方面と共用です。

 おおさか東線は配線上、3番線からしか発車できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じく乗り場案内表示です。1・2番線が奈良方面・3・4番線がJR難波・放出方面です。

 ちなみに久宝寺駅は、1974年の電化前は普通も通過するような(竜華操車場をはさんでホームが作られていました)寂しい駅でしたが、今は八尾市の再開発で、2面4線の立派な駅になり、快速も停車するようになりました。もっとも大和路線で同じホームで快速と普通が同じホームで乗換え出来るのはここだけですが・・・。

 3・4番線ホームにある大和路線JR難波方面&おおさか東線の発車案内(LED式)です。上が大和路線、下がおおさか東線です。

 3番線に大和路線の快速が停まっていることがわかります。(但し、この日はダイヤの乱れで、普通がなかなか来ませんでした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 久宝寺駅前の様子です。

 かつては広大な竜華操車場の線路ばかりでしたが、今はマンションや商業施設など、新しい町作りが進められています。

 ホームから奈良方面を見た光景です。

 左から大和路線奈良方面・おおさか東線折り返し用の引き上げ線・大和路線JR難波方面です。

 おおさか東線の電車は2・3番線からしか入れないのがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 引き上げ線に引き上げる、おおさか東線の回送電車です。

 私鉄では当たり前の光景ですが、JRではホームで直接折り返すケースも多いです。ちなみにここではすべて引き上げ線折り返しです。

 引き上げ線に引き上げたおおさか東線の電車です。

 これから、大和路線の快速の合間を縫って3番線に入線します。そのためおおさか東線は1時間に4本ですが、大和路線に20分に2本の快速があるため、運転間隔が一定しません。

 本来なら、3面6線にして、真ん中のホームをおおさか東線にすればよかったのですが・・・(ちなみにベストは阪神尼崎みたいに4面6線ですが・・・。)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 久宝寺駅に停車中の放出行きです。

 誤乗防止のため、ラインカラーの『ブルーグレー』地に『おおさか東線』とかかれています。

 側面の行先表示器です。

 同じくラインカラーと線名が書かれています。

 駆け込み乗車するとえらいことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大和路線のJR難波行き電車です。

 おおさか東線開業後は、こちらにもラインカラーの『緑』地に『大和路線』とかかれています。

 同じく側面の行先表示機です。

 こちらは『大和路線 JR難波』とかかれています。

 快速のときは・・・、どうしてるんでしょう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その1

(放出)

その2

(高井田中央・JR河内永和)

その3

(JR俊徳道・JR長瀬)

その4

(正覚寺信号場・新加美)

その5

(久宝寺)

その6

(おまけ)


その6. おまけのページへ→


おおさか東線(放出〜久宝寺)開業TOPへ


←『HELLO!!NEW RAILWAY』へ

 

←『RAILWAYS(鉄道の部屋)』に戻る

 

←『"YAKUMOBUS NET" TERMINAL(HOME)』に戻る